ダイエット

常にお腹をへこます 効果

常にお腹をへこます 効果

いずれのポーズも30秒から1分程度キープし、その間は鼻からの呼吸を続けるのがヨガならではのポイントです。これによって血液やリンパの流れが良くなり、リラックスできる効果もあります。

ちなみに、ウエストがくびれていない人は猫背で姿勢が悪い人が多い傾向に…。その理由は腹斜筋を使えていないから。くびれのある人=腹斜筋が使えている人は、体幹がしっかりしているので、自然と姿勢がよくなります。なので、腹斜筋へのアプローチは見た目にも若返り効果絶大なのです。

グリップを握った手首も、曲がってしまうと力が逃げてしまうでしょう。そのためガッチリと握り、常に腹筋を意識して行うと正しく負荷がかかっていきます。

ドローインは、主に腹横筋を刺激するエクササイズ。お腹をへこますことを意識するだけですので、比較的いつでもどこでも簡単に実践可能なトレーニングです。椅子に腰かけたデスクワーク中や、通勤電車の移動中など、日常生活のちょっとしたスキマ時間も意識的にお腹をへこますことで、より効果を高められるでしょう。

キャットバックは、背中全体に広がる筋肉の動きを良くし、主に猫背や腰痛の改善に効果が期待できるエクササイズです。動作は焦らず、ゆっくり大きく動かすことを意識しましょう。

くびれと骨ツヤの両方をつくるための究極のボディケアが、クラランスのボディ フィット。クラランスがひとり黙々とボディスリミングを進化させ続けていて、これはそういう意味でも最先端ケア。ボディスリミングでなければ決して得られない、引き締め感とハリツヤ感、両方の相乗効果。贅肉と肌くすみは両方一緒にお手入れできます。

舟のポーズは、お尻を支点にして体をV字型にするものです。お腹周りに加えて太ももを引き締める効果もあります。V字型をキープするのが難しければ、膝を曲げて床と平行になるよう脚を伸ばしましょう。両腕も床と平行してまっすぐ伸ばします。

腹式呼吸も意識して行えば立派なトレーニングです。お腹を膨らませて横隔膜を下げるため、インナーマッスルが鍛えられるだけでなく、脂肪の燃焼も期待できます。吸うよりも吐く時間を長くすると効果的です。腹式呼吸は副交感神経を優位にしてくれるので、眠る前に行うと熟睡できるでしょう。

「腹筋ローラーで痩せますか?」あるいは「腹筋ローラーでお腹の脂肪を減らせますか?」という質問を耳にします。残念ながら、腹筋ローラーで腹筋を鍛えることはできても、体重減への効果は他のトレーニングに比べて大きいわけではありません。そして、いくら腹筋を鍛えても腹部についた脂肪を減らさない限り、その腹筋が姿を現すことはないのです。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。