ダイエット

お腹ダイエット

お腹ダイエット

軽く息を吸いながら足を肩幅くらいに開いて立ち、頭の後ろで指を組みます。そして、息を吐きながら、対角線上のひざとひじを近づけ、お腹をひねります。これを繰り返し行います。

誰もが気になるポッコリお腹。下腹ダイエットできちんとした効果を得るためには、まずは正しい方法を知り、継続することが大切です。自分に合った正しい方法を見つけて、まずは毎日コツコツできることから始めてみましょう。毎日続けることできっと少しずつ効果を実感することができるはずです。取り組む際にはぜひ、食事と運動の両方をバランスよく取り入れてみてくださいね! 無理なく続けて、健康的で美しいお腹周りを手に入れましょう。

炭水化物を抜くと、確かに一時的にはお腹が凹み体重も落ちます。しかし糖質が不足すると、体は筋肉を糖に変えてエネルギーにします。これでは代謝が落ちて体脂肪が増えやすくなるので、リバウンドもしやすくなります。

デスクワークの女性の悩みで特に多いのが「冷え」と「むくみ」です。お腹周りが冷えると、お腹を守ろうという機能が働き、周りに脂肪が蓄積しやすくなります。また、むくみが起きている時は体の中の循環や代謝が悪くなっているため、老廃物や脂肪が蓄積しやすい状態になっていることも、ぽっこりお腹の原因の1つです。

腹筋に力を入れて1~2秒かけてお腹をへこませる。呼吸と関係なくお腹に引きつけるイメージで、腹筋の力だけで凹ませて。

身近な腹筋運動アイテム「腹筋ローラー」を使ったワークアウト。腹直筋や腹斜筋とお腹まわりだけでなく、上腕三頭筋や広背筋、脊柱起立筋なども同時に刺激されるため、お腹と上半身を鍛えたい人にオススメの筋トレです。まずは初心者向けの「膝コロン」から解説します。

慣れないうちは、息を吸っているのにお腹が凹んでいたり、吐いているのにお腹が膨らんでいたり、逆になりがちなので、どちらか一方に集中したほうがやり易いと思います。

ツイスターは、台の上に乗って腰を左右にひねると、回転する反動により腹筋を引き締めてくれるグッズです。ポッコリお腹を引っ込めたいときには、最適でしょう。

まず椅子に座ったらお腹に手を当てる。

ポッコリお腹を改善するには、食事内容をコントロールして余分な脂肪が増えるのを防ぎ、有酸素運動に無酸素運動を組み合わせると、脂肪燃焼を促進させることが期待できるでしょう。ダイエットグッズを使ってお腹周りの脂肪燃焼を促進させやすくする方法もありますので、ご自分に合ったダイエットを探してみてください。

お腹をへこませて呼吸する方法です。
①背筋を伸ばして姿勢よくします。
②思いっきり息を吸い込みます。(この時、お腹はへこませて、胸を膨らませるようにします。)
③お腹をへこませたまま息を吐き出します。(息を吐く時にはさらにお腹をへこます感じで吐いてください。
④この呼吸を数回繰り返して行います。
この方法は、座った状態や立った状態、仰向けに寝転んだ状態などお好みの姿勢で行うことが可能です。呼吸の仕方が慣れるまでは少し難しいかもしれませんが、お腹に意識を集中させて、へこませた状態でキツイと感じる時間プラス3秒我慢して息を吐き出すことをイメージして行ってみてください。

下を向くと気になるぽっこりお腹。お腹の内側に収まっている内臓にも脂肪がつきます。お腹には内臓を覆う骨もないので、支えている腹筋が落ちるとすぐにぽこっと出っ張ってしまうのです。ダイエットしたい方の多くがこのぽっこりお腹に悩んでらっしゃいますが、正しいトレーニングで腹筋を鍛えて、脂肪を落とすことで、ワンサイズ下のボトムもすっきり履けるようになります。

歩かなくても腹式呼吸をするだけでも効果があります。
テレビを見ているときや、仕事中に座っているとき、お風呂に入っているとき、思い出したら腹筋に力を入れお腹を凸凹。

姿勢よくバランスボールに乗ることで、お腹周りの筋肉を鍛えることができます。

味は甘酸っぱくて美味しいと思います。作ってしばらくするとゼリー状のとろみが出るのでお腹の中で膨らむのかなと思いましたが腹持ちは良くないです。1食置き換えを考えていましたがお腹が空くので自分との戦いです(-_-;)栄養価は高いと思うので高価な美容サプリだと割りきって飲んでいます。