ダイエット

お腹へこます 即効

お腹へこます 即効

「時間がないから」と諦めてしまうのは簡単ですが、絶対に解消したいなら適切かつ少しでも楽ちんな方法を見つけるのがベスト。秋冬はどうしても服でごまかすこともできますが、隠したままでは“ぽっこりお腹”を解消するのは難しくなっていく一方です。ぜひ普段のエクササイズに一工夫プラスして憧れのぺったんこお腹を手に入れましょうね!

【2~4日目】
日頃の運動不足の影響だろうか、筋肉痛とまではいかないまでもお腹まわりが痛い。食事制限はせず、通常通りの食事を摂りつつ、ドローインを続ける。

② そこから左肘と右膝でタッチするようにお腹を捻ります。

かつてはジャンクフード好きが原因で、ぽっこりお腹だったブリトニー・スピアーズも、プランクをはじめストレッチポールやウェイトリフトを使った筋肉運動でインナーとアウターマッスルを鍛え、ランニングマシーンを使った1時間の有酸素運動もプラス。

ぽっこりお腹の人には、”クランチ”と呼ばれる腹筋運動が効果的。1日だけでは根本的な筋力はつきませんが、一時的に筋肉を刺激し緊張させ、下がった内蔵を引き上げてくれる効果があるそうです。

さらに、「意識的に、背中側の筋肉も使っていきます。お腹側と背中側の筋肉をバランスよく鍛えることで、姿勢がよくなり、腰痛・肩凝りの改善効果もあります」と植森さん。時間はたった30秒。まずは基本のポーズから始めてみてください。

食べ過ぎが重なるといったちょっとの気の緩みですぐに現れる“ぽっこりお腹”。しかも一度なると、なかなか解消するのは大変です。そんなお腹をへこませるエクササイズとして有名なのは「30日間チャレンジ」として話題となったプランク。しかし、実はそれだけではお腹はへこまないことはご存知でしたか?

私たちのお腹の中は、胃や腸などの内臓がぶら下がっている状態。「お腹まわりには、いくつもの筋肉がさらしのように巻きついて、内臓を支えています。しかし、加齢や運動不足でこれらの筋肉が衰えてくると、胃などが下がってきて腸を押し、下腹が出てきます」と言うのは、東京大学大学院総合文化研究科教授の石井直方さん。

ドローインのやり方は呼吸が大事です。そこで効果も違ってきます … とにかく最初の内はお腹をへこませたまま呼吸をするだけでも辛いですが、慣れてくると色々な動作をしながらでも自然とお腹をへこませておくようになってきますドローインで使う筋肉は腹横筋というお腹の深部にあるインナーマッスルです。ドローインの効果とは!?
「筋肉に働きかける」
「基礎代謝のアップ」
「姿勢の改善委効果」
「内蔵位置の正常化」 など様々!!お腹を凹ますことで、主に腹横筋を収縮させるだけで、やり方はとても簡単です。
これにより、腹横筋、腹斜筋、脊柱起立筋などの体幹部の筋肉を鍛えられます。
さらに、続けることで胃腸の調子がよくなり、便秘改善も期待できます。
ドローインは、お腹が凹むだけではなく、体内バランスの調整にも効果的なのです。③ドローインのやり方
1)まず、背筋を伸ばし、お尻の穴を絞めるイメージで状態をまっすぐにします。
2)おへその中心やその下の「丹田」を意識して、お腹全体を凹ませます。
3)この状態を5秒くらい~30秒程度キープし、これを数回繰り返します。慣れない間は、この状態をキープしたまま呼吸するのがちょっと難しいです。
最初は、直立しておこない、感覚が摑めてきたら座ってもできるようになります。
これを一日で時間がある時や思いついた時におこなうだけです。簡単でしょう?①体幹を鍛えることの効用がたくさん書かれている。
②トレーニングのプログラムの組み方が具体的に書かれている。
③成功のコツが書かれている。
④ストレッチも体幹トレーニングも共に丁寧にコツが書かれている。

ストレッチと筋トレをミックス。呼吸をしながら動作することで、お腹周りがギューッと絞られる感覚を得られます。イスに座ったままできますから、すき間時間を有効活用しましょう。

なぜならプランクは、主に体幹であるインナーマッスルを鍛えるもの。しかしお腹をへこませるためには、インナーマッスルだけでなく、目に見える筋肉のアウターマッスルも必要。また、脂肪を燃やすためには有酸素運動も大事なんです。

「すぐに、下腹を凹(へこ)ませたい!」。そんな希望をかなえ、さらに即効性を期待できる方法が「おへそ凹ませ」です。やり方は、背筋を伸ばして30秒間思い切りおへそをへこませるだけ。考案した健康運動指導士の植森美緒さんによると、「個人差はありますが、1~2週間で効果を実感できる」とのこと。なぜ、この簡単なポーズで、下腹が凹むのでしょうか。

結果、痩せにくいと言われる30代となっても、見事なお腹をゲットしました。