ダイエット

年齢を重ねてくるとぽっこりお腹が気になりませんか?

年齢を重ねてくるとぽっこりお腹が気になりませんか?

高野豆腐に含まれる大豆タンパクの主要成分「βコングリシニン」には、ぽっこりお腹の原因となる内臓脂肪を減らす作用があります。また、内臓脂肪が減ると、アディポネクチンというホルモン、通称「やせホルモン」が増加します。

3日間でぽっこりお腹が凹む体験を、ご自宅でしてみませんか?今なら無料で動画レッスンをプレゼント中です!

便秘を解消する簡単「腸もみ」マッサージ|ぽっこりお腹やイライラまで解決!

2週間でウエスト-7.5㎝のケースも!
この日、ダイエットに関する問題として林修先生に出題されたのは、「ぽっこりお腹は1日10回の”あること”で解消できる。その”あること”とは?」というもの。林先生には<体を反らせる><お腹を叩く><お腹に温水と冷水を交互に当てる>という3つの選択肢が与えられた。もっとも効果的にお腹を引き締められるのはどの方法?
大学時代は100kgを超す巨漢だったという林先生は<お腹に温水と冷水を交互に当てる>を選び「交互に当てることによって血流がよくなって代謝が上がり、蓄えられている脂肪が燃焼しやすくなる」と答えたが、痛恨の不正解!
正解は<体を反らせる>。体を前に縮める腹筋とは逆の動きをするこの方法は、通称”逆腹筋”と呼ばれる。その効果を実証するため、番組ではぽっちゃり体型の人6人を腹筋グループと逆腹筋グループに分け、それぞれ1日10回3セットを2週間継続してもらった。
すると、普通の腹筋を続けたグループはウエストが平均2.6㎝減だったのに対し、逆腹筋を2週間続けたグループはウエストが平均5.6㎝もダウン。中には、2週間の逆腹筋でマイナス7.5㎝を記録した人も…! 驚きの効果が上がった逆腹筋の実験VTRに、スタジオも「2週間で!?」(大政絢)、「もうこれ、誰も腹筋やらないわ」(中島健人) と驚きの声が上がった。

年齢を重ねてくるとぽっこりお腹が気になりませんか?

産前から産後3ヶ月位にかけて分泌される「リラキシン」という女性ホルモンをご存知でしょうか。実はこのリラキシン、関節・靭帯を緩みやすくするホルモンなんです。つまり、リラキシンが分泌されている期間に正しく反り腰をケアすると、妊娠・出産による反り腰・ぽっこりお腹が正しい位置に戻りやすいということ!もちろん3ヶ月を過ぎていても、ぽっこりお腹が気になる場合は反り腰の可能性大!他の痛みや病気にしないためにも、1日も早く対処しましょう。

「ぽっこりお腹の原因は反り腰」ということがお分かりいただけましたか?実は反り腰を放置しておくと、ぽっこりお腹が出て、太りやすくなるだけでないんです!なんと、将来的に病気になりかねないのです…。

デスクワークの女性の悩みで特に多いのが「冷え」と「むくみ」です。お腹周りが冷えると、お腹を守ろうという機能が働き、周りに脂肪が蓄積しやすくなります。また、むくみが起きている時は体の中の循環や代謝が悪くなっているため、老廃物や脂肪が蓄積しやすい状態になっていることも、ぽっこりお腹の原因の1つです。

体幹トレーニングは思っていたよりも簡単だということがお分かり頂けたと思います。
時間にするとたった数分のトレーニングですが、毎日続けることでぽっこりお腹もスッキリ、ボディラインも整ってきます。

ぽっこりお腹を撃退する正しい姿勢につてお分かりいただけましたか?ですが、いきなり「全身を左右対象に!」「床と並行に!」なんて、意識してもできないですよね。でも大丈夫!誰でも簡単に理想姿勢をつくれて、反り腰とぽっこりお腹を撃退できる新技術があるんです!

内臓は、お腹周りの筋肉によって支えられています。そのため、お腹周りのインナーマッスルが衰えてしまうと内臓をしっかりと支えることができなくなることで、内臓の位置が下がり、ぽっこりお腹の原因となってしまいます。また、猫背になると腰が前に出てしまい、お腹が突き出る格好になりがちです。姿勢の悪さも、骨盤のゆがみや内臓の下垂を引き起こす原因の1つなので注意が必要です。ぽっこりお腹の原因が内臓の下垂の場合は、いくら脂肪を減らしてもそれが解消することはありません。

約3300名、97.8%がぽっこりお腹に効果を実感した「ある方法」について、ご説明します!

「横隔膜が引き上がり、胃や肝臓が肋骨内におさまることで、お腹周りのスペースが生まれる。これにより、腸のスペースが広くなり、便秘が改善する。ぽっこりお腹を改善すると同時に弛緩性便秘が改善するのはこのためである。」

そこで、ぽっこりお腹もスッキリ!姿勢も良くなってボディラインも整う、ドローインを取り入れてみませんか。

「ドローインを行い、横隔膜をあげるように意識することで、内臓、肝臓が引き上げられ、肋骨の中に納まる。この瞬間椎体が広がり、姿勢が良くなる。これによりぽっこりお腹のように見える胃下垂が改善され、ぽっこりお腹が改善され、くびれができる。」