ダイエット

短期間ダイエット 食事メニュー

短期間ダイエット 食事メニュー

ここで大切なのは、タンパク質だけでなく、低カロリーの食事も意識すること。いくらタンパク質を摂取しても、高カロリーなものを摂取すれば余計な脂肪になってしまい、ダイエットは成功しません。

エステでは、気になる部分に直接アプローチすることが可能です。たとえば機器や手技を使ってついてしまった脂肪細胞を分解したり、むくみを改善させたりしてサイズダウンを目指すことができます。そのため、同じ痩せるにしても引き締まった体になりやすいことがメリットです。これは、食事や運動だけでは難しいため、美しく痩せたい人にエステは最適です。

ダイエットには運動が必須というわけではなく、摂取カロリーを抑えることで痩せることは十分に可能です。短期間に痩せたい場合には食事制限はもちろんですが、日頃の食生活の見直し、ダイエットサプリやエステの活用も視野に入れていくと良いでしょう。

短期間でダイエットをかなえるには、痩身エステを利用するのもおすすめです。自分だけではダイエットがうまくいかない人や、過去にダイエットに失敗したことがある人には特に痩身エステのプロに任せてみるのも良いでしょう。

ここでは、手軽に痩せる簡単ダイエットにぴったりの食事法について解説します。ぜひ参考にして、自分の今までの食事と比較してどう異なるかチェックしてみましょう。

ダイエットで摂取制限するべきなのは、糖質と脂質です。どちらも摂り過ぎると体内に蓄えられます。糖質の場合は過剰摂取でカロリーオーバーに、脂質の場合は過剰摂取で肥満の原因になるため注意したい栄養素です。普通に食事をとれば不足することはありませんが、現代の食生活で起きがちな過剰摂取を避けるため、目安摂取量を知っておきましょう。

食事内容に加えて、普段何気なく行っている食生活が太る原因になっていることも多いです。痩せるためには習慣の見直しも行いましょう。

1週間の短期間が勝負!

ただ、実は『食事を抜かずに痩せること』は難しいことではありません。

また、エステでは施術だけでなく日常生活や食事のアドバイスも受けられます。複数の方向からダイエットに取り組むことができるので、結果が早くあらわれやすくなる点が大きなメリットです。また、ひとりでダイエットに取り組んでいるときのような孤独感はありませんので、挫折を防ぐこともできます。

そのため、食事はゆっくりと時間をかけましょう。ひと口30回を目安に噛むようにすると食べる速度はゆっくりになるうえ、満腹中枢が早く刺激され、食欲を抑える物質も多く分泌されて太るのを防止できます。

また、食物繊維も大切です。繊維が豊富な食事は腹もちが良くなり、食べ過ぎを防ぐことができます。また、腸内環境を良くする働きや、糖質と一緒に摂れば、血糖値の急上昇を抑えてくれるといわれていますので、ダイエットには欠かせません。

・早食いをしない 食事を食べる速度も重要です。おなかがいっぱいになったという信号を脳の満腹中枢が発するには、約20分程度の時間がかかります。早食いをすると、実際は満腹の状態でもその指令が間に合わないため、必然的に食べ過ぎてしまうことになります。

・間食をする 少し意外かもしれませんが、間食をすることもダイエットには良いです。空腹を我慢するよりも少々の間食をしたほうが、食事での大食いや一気食いを減らすことができるからです。食事前後の3時間を目安にして間食をしましょう。