ダイエット

1週間ダイエット簡単

1週間ダイエット簡単

1週間で痩せたい場合、1週間断食を続けるわけではありません。断食後は胃腸に負担をかけないために普通の食事に徐々に戻す回復期間が必要です。そのため、目安としてははじめの3日間を断食、残りの4日間を回復食の期間にするやり方で行います。断食後は、まずは胃腸にやさしいやわらかいものからはじめ、徐々に固形物に戻していきます。

1キロ痩せるために7000kcalの消費が必要ですが、消費カロリーより毎日1000kcal少なく食べれば、1週間で達成することも可能です。

両腕に均等な力を加えることで、両方の血流をうまく流してやることができます。二の腕のむくみを改善すれば、1週間でも腕をほっそり見せることができますよ。

ダイエットをしてもなかなか痩せない!そんな人には「朝エクササイズをする」「夕食はスープにする」という方法がおすすめです。朝運動をして夜は摂取エネルギーを抑える、これを1週間続けるだけで、効果的に体重が減る可能性が高いのです。

食べてないのに太ってきたら、1週間でお腹が引っ込むプログラム!

その点1週間という短期間で、夜のスープと朝のエクササイズといった、「ハードな運動なし」「無理な食事制限なし」といったダイエットなら、ストレスなく痩せる可能性が高いのです。

本来、ダイエットは時間をかけて生活を改善して体重をコントロールしていくものです。1週間という短期間で取り組む場合には、早く結果が得られる反面、体にとってはリスクが多少なりとも生じます。特に自己流で間違った方法でやってしまうと、痩せられないばかりか健康を害することもありますので十分に注意しましょう。

1週間でどうにか痩せたい!

1週間という短期間であっても、断食や有酸素運動を行うことで痩せることは可能です。ただし、無理な方法では一時的に成功しても体重が戻ることがありますので、十分に注意しながら行いましょう。また、痩せたからといってそこでダイエットを完全に止めてしまうのではなく、引き続き毎日の食事や運動に気をつけ、痩せた体をキープしていきましょう。

そこで1週間で痩せるためにまず取り掛かりたいのは、食事の見直しです。一般的な成人男性が約2600kcal、成人女性が2000kcalを1日に消費すると言われており、これを下回るカロリーしか摂取しなければ当然痩せていきます。

1週間で必ず結果を出そうとすると、どうしても無理をしがちです。絶対に痩せたいからといって食事を極端に減らし過ぎると、必要な栄養素が不足することでめまいを起こしてしまったり、強いだるさを感じたりすることがあります。

縄跳びに慣れていないと、肩全体を使って回してしまいがちです。しかし、このやり方だと小刻みに跳ぶことができないため、1週間ダイエットを成功させるためには手首だけを使って細かく回すようにしましょう。

また有酸素運動の習慣を身に付けられれば、1週間ダイエットの後も続けて体重を落としていくこともできますし、太りにくい体質を作ることもできます。

ただし、運動だけをして1週間で痩せるのは簡単ではありません。断食のような制限までは行かなくとも、間食を控えるなどの食事の配慮も必要になります。

できるだけ短期間でダイエットしたいと考えている人は少なくありませんが、短期間の無理なダイエットは体重の戻りを招き、かえって痩せにくくなることがあります。では、1週間で痩せたい場合、何キロぐらい痩せることができるのでしょうか。短期間ダイエットを成功させる方法や注意点とあわせて解説します。