ダイエット

効果的なダイエット 短期間

効果的なダイエット 短期間

通常、運動をし始めると糖質が先に燃えますが、20分以上運動を続ける有酸素運動では脂肪が多く燃えると言われています。有酸素運動は長く続ければ続けるほど、体内の糖質や脂肪を減らすことに効果的なため、短期集中ダイエットにも有効です。

短期間のダイエットにおいて食事制限は効果的ですが、健康を害するほどの食事制限はおすすめできません。そこで「基本的な考え」を意識して食生活を見直してみてください。

▼長期ダイエットが苦手な人は「ファスティング」がおすすめ!詳しくはこちら↓ファスティングダイエットの効果とやり方!半日から1週間まで~正しいダイエット法とは?

短期間ダイエットにとくに効果的といわれるダイエットメニューは次の4つです。

なにより、水中での運動は、水の中に入っているだけで体に水の抵抗を受けるため、陸上で運動をするよりも消費カロリーが高いのが嬉しいところ。また、浮力のおかげで体への負担が少なく、血行促進やむくみの解消にもつながり、全身をシェイプアップするのに効果的だといえます。

短期集中の場合、目標を達成した瞬間にダイエットをやめてしまいますよね。

基礎代謝を高めるには「適度な運動」や「食生活の見直し」の他、体を冷やす食べ物や飲み物を避けたり、タンパク質をなるべく多く摂ることなどが挙げられますが、ダイエットの成果としてわかりやすく、かつ効果的な方法には筋トレが挙げられます。

◇運動しても効果が出ないのはどうして?

一般的な有酸素運動は、ウォーキング、水泳、エアロビクス、ジョギングなどです。ただ、有酸素運動の消費カロリーはそれほど多くないため、腹持ちのいいヘルシー食材にするなど食事面でのアプローチにも気をつけると、よりダイエット効果が高まるでしょう。

また、短期間でのダイエットに成功後も運動や食事制限を続けられれば、より健康的に理想的なスタイルを目指せます。無理せず余計な負担をかけずに、楽しんでダイエットをしましょう。

2週間という短期ダイエットであっても中々体重に変化が現れない…、最初はガクッと減ったけれども1週間後からは全然減らない…など、やる気が損なわれ、意識が低下してしまいがち。それまでの反動でドカ食いしてしまってリバウンド…なんてことになったらもったいないですよね。2週間ダイエットを成功させるポイントとして、そんな時のために「食欲を抑える」方法を知っておくことも大切です。

それよりも適度な運動を習慣づけるのが効果的です。

アンクルホップをする時は、なんといっても膝を曲げないようにすることが重要です。膝を曲げてしまうと、ふくらはぎへの刺激が少なくなり、思ったような効果が期待できません。

◇効果はいつから表れる?

▼ダイエットの鉄板ランニング・ウォーキングランニングやウォーキングはダイエットの中でも取り掛かりやすく、また有酸素運動の中でも最も効果が期待できる運動です。また全身を使った運動なので、バランス良く、お金をかけずに痩せることができます。しかし、気軽に一人で始められる分、注意も必要です。怪我防止のために足だけでなく、上半身の準備運動もしっかりと行い、ランニングシューズを履いて運動するようにしてください。