ダイエット

お腹引っ込める ダイエット

お腹引っ込める ダイエット

40歳を過ぎ、いわゆる「中年」と呼ばれる世代になってくると、多くの男性はお腹がポッコリしてきます。本人は気にならなくても、奥さんをはじめ周りの女性たちは気になるでしょう。まだまだ働きざかりの男性たちは、どのようにダイエットすればいいのでしょうか。

お腹をへこませて呼吸する方法です。
①背筋を伸ばして姿勢よくします。
②思いっきり息を吸い込みます。(この時、お腹はへこませて、胸を膨らませるようにします。)
③お腹をへこませたまま息を吐き出します。(息を吐く時にはさらにお腹をへこます感じで吐いてください。
④この呼吸を数回繰り返して行います。
この方法は、座った状態や立った状態、仰向けに寝転んだ状態などお好みの姿勢で行うことが可能です。呼吸の仕方が慣れるまでは少し難しいかもしれませんが、お腹に意識を集中させて、へこませた状態でキツイと感じる時間プラス3秒我慢して息を吐き出すことをイメージして行ってみてください。

ダイエット中だからと野菜中心の食事にしてしまうと、一時的には体重が減っても筋肉も一緒に減るのでお腹に脂肪が溜まりやすく、ボディラインもたるんでしまいます。

筋肉はもともとお腹のコルセットがわりなので、筋肉が落ちると明らかにぽっこりとお腹が出てしまうのです。そこで大切なのが、筋肉を削らないようにする「食べ方」。体内時計のリズムで変動する代謝に合わせて、きちんと食事をすればお腹がスッキリして体調も良くなります。

腰痛の主な原因と言われているのが、血行不良と筋肉が凝り固まること。お腹痩せダイエットに取り組めば、鍛えられた筋肉が血流を促進させてくれます。

食事制限?トレーニング?いいえ、脱・お腹ぽっこりは食べ方こそ重要なんです!

好きなタイミングで、1回30秒×1日2回「壁際に立って背すじを伸ばしお腹をへこませる」だけ。

ポッコリお腹を改善するには、食事内容をコントロールして余分な脂肪が増えるのを防ぎ、有酸素運動に無酸素運動を組み合わせると、脂肪燃焼を促進させることが期待できるでしょう。ダイエットグッズを使ってお腹周りの脂肪燃焼を促進させやすくする方法もありますので、ご自分に合ったダイエットを探してみてください。

<教えてくれた人>
植森美緒さん【55歳 ウエスト58cm】
健康運動指導士。運動嫌いでも続けられるメソッドを考案。著書に『1日1分で腹が凹む』(ダイヤモンド社)など。身長 163cm、体重 47kg。

歩くだけという手をだしやすい、ダイエットサンダルは、かかとの部分が欠けた作りになっており、使っているうちに自然と正しい姿勢で立てるようになります。姿勢を保つようにするため、体の全身運動に働きかけます。

軽く息を吸いながら足を肩幅くらいに開いて立ち、頭の後ろで指を組みます。そして、息を吐きながら、対角線上のひざとひじを近づけ、お腹をひねります。これを繰り返し行います。

まずは呼吸です。脂肪を燃焼させるには多くの酸素が必要です。けれども浅い胸式呼吸では、十分に酸素を取り込めません。そこで普段から深い腹式呼吸をするように心がけると、酸素を取り込めるだけでなく、お腹の筋肉も鍛えられます。口からゆっくり息を吐き出し、お腹を凹ませたら鼻から吸ってお腹を膨らませましょう。

お腹周りに脂肪があるということは、内臓脂肪も少なからず付いているということ。

まず椅子に座ったらお腹に手を当てる。

ツイスターは、台の上に乗って腰を左右にひねると、回転する反動により腹筋を引き締めてくれるグッズです。ポッコリお腹を引っ込めたいときには、最適でしょう。