ダイエット

また ドローイン効果がアップする丹田も知っておくとよいでしょう

ドローイン効果はお腹をへこました状態をキープする時間に比例します

ドローインは仰向けになって行うと、その効果を足の上げ下げでコントロールできます。足を動かすことで安定性が崩れて、ドローイン効果がワンランクアップするわけです。

情報提供元:インナーマッスル記事名:「ドローイン効果だけでは腹筋は割れない理由とは」

■「ドローイン効果」おすすめ記事
ドローイン効果をアップする「背中タオル」
ドローインの効果を半減させないチェック方法
ドローイン効果!たった30秒で下腹部がへこむ
ドローイン効果「吐く」ことが肝心な理由とは?

さらに、ドローインをする体勢にもコツがあります。立った状態のドローインの負荷が軽いと感じてきたら、四つん這いでドローインするのがおすすめ。重力に反してお腹をへこませるため、ドローイン効果がアップします。

あとはお腹をへこませたまま、浅く長い呼吸を継続。ドローイン効果はお腹をへこました状態をキープする時間に比例します。まずは10秒を目指し、慣れてきたら30秒、1分と徐々に延ばしてドローイン効果を高めていきましょう。

また、ドローイン効果がアップする丹田も知っておくとよいでしょう。丹田はへその5cmほど下あたり。丹田を中心に、お腹をへこますようにするとドローイン効果がアップするのです。

さっそく、ドローイン効果をコントロールするやり方を見ていきましょう。まず仰向けになって息を吸って、下腹部をいっぱいまでふくらませます。そして、ゆっくり息を吐き、吐き切ってさらにお腹をへこませてください。