ダイエット

お腹マッサージ 効果

お腹マッサージ 効果

脂肪がたまりやすく、運動するのが難しい部位であるお腹周りだからこそ、脂肪を落とすにはマッサージがおすすめです。続けることで数センチメートル痩せることも。

多少意識してお腹を凹ませるだけでは、女性のぽっこりお腹は改善しきれない場合がほとんどです。腹部の筋力を取り戻すには、脂肪を支えられるだけの筋トレが必要不可欠。腹筋などの腹部の筋肉にフォーカスする筋トレを意識的に行うことで、ぽっこりお腹を改善できます。

ドローイングで背中を丸めてしまうと、お腹を凹ませにくくなってしまうため、腹筋を鍛えられなくなってしまいます。ドローイングを行うなら、背中を丸めずに綺麗な姿勢をキープして行うことでより効果的になるでしょう。

お腹のたるみを引き締めるためには、脂肪を減らした上で筋肉をつけることがポイント。もちろん腹筋も効果はありますが、筋肉は脂肪の下にあるため、腹筋を鍛えても脂肪がついたままでたるみは解消されません。余分な脂肪を落とすためにも、食事を見直し、筋トレや有酸素運動をバランス良く行うことが効果的です。

空腹時や食後すぐの腸マッサージは、腸に負担がかかりやすいので避けたほうがいいでしょう。おすすめは朝と夜の2回行うこと。夜の腸マッサージは寝ている間に腸が活動しやすい状態に整えるため、そして、朝の腸マッサージは腸を目覚めさせてお通じをよくする効果がありますよ。

トレーニングしていてもなかなか効果が出ない場合は、そもそもトレーニング方法が合っていないのかもしれません。冒頭でもふれたように、お腹のたるみは、腹筋のような腹部のみを鍛えるトレーニングだけで解消することは難しいのです。お腹の脂肪は体全体のエネルギーを蓄える部分でもあるため、お腹以外も動かして、脂肪を燃やすことが大切です。

腸もみマッサージは、いつでも何度やっても大丈夫とされていますが、より効果的にするためのポイントや注意点があります。

まずは、お腹周りがたるむおもな原因を見ていきましょう。

マッサージ①の目安は、1日3回。お腹周りの筋肉が刺激されているのを感じながら、ゆっくり取り組んでいきましょう。

お腹に脂肪がつきやすい女性だからこそ、有酸素運動も効率のいいスタイルアップ方法の一つです。有酸素運動をして全身運動を行うことで、お腹を含めた全身の脂肪燃焼効果が期待できます。

食べ過ぎや腸の代謝低下が原因でぽっこりお腹になってしまった場合には、筋トレだけではなかなか解消しきれません。腸に効くマッサージを取り入れることで腸内環境に働きかけられ、ペタンコお腹を目指していけます。

お腹の脂肪の効率的な落とし方に欠かせない筋トレは、ただ闇雲に行うだけでは効率的とはいえません。無酸素運動である筋トレと、有酸素運動を組み合わせることで、さらに効果的にお腹の脂肪を落とすことが可能です。筋トレは、何もしなくても脂肪を燃焼する基礎代謝をアップさせられます。

これらを押すときは、大巨の右側、天枢の右側、中脘、天枢の左側、大巨の左側、関元の順序で円を描くようにしましょう。お腹の筋肉の緊張が緩み、なおかつ腸がダイレクトに刺激されることから、即効性を感じる人も多くいます。

4つ折りにしたバスタオルを丸めて、肩甲骨の下に入れます。バスタオルを入れることで、骨盤が動きやすくなる効果が。あお向けになり両膝を立てて、左足首を右膝の上にかけます。

セルライトが少なく筋トレを行っていても、姿勢が悪いとぽっこりお腹になってしまうこともあります。