ダイエット

お腹の脂肪を落とすストレッチ

お腹の脂肪を落とすストレッチ

「くびれはあるのにおへそから下の部分がポッコリ出ている状態」を解消するためのダイエット方法になります。このポッコリお腹を解消するためには、腹筋ではなくインナーマッスルを鍛えてあげることが必要になります。

ツイスターは、台の上に乗って腰を左右にひねると、回転する反動により腹筋を引き締めてくれるグッズです。ポッコリお腹を引っ込めたいときには、最適でしょう。

「ストレスはカラダに悪影響を与えます。ストレスに反応して分泌されるのがステロイドホルモンであるコルチゾール。このホルモンが出ると、短時間でエネルギーに変わり幸福感をもたらしてくれる、砂糖が多く含まれた食べ物をカラダが欲しがる状態になります。コルチゾールは、差し迫った危険に対応する際に必要なホルモンで、本来そういった状況に陥ると分泌されるものですが、ストレスや心配事によっても分泌されてしまいます。長期にわたって分泌レベルが高いと、お腹の脂肪の増加につながる可能性があります」

「寝不足になると、ホルモンバランスが失われ、空腹を感じ取る感覚が影響を受けることがあります。食欲には、グレリンとレプチンという二種類のホルモンが関係していて、睡眠が不足すると、グレリン(お腹が空いたと感じるホルモン)のレベルが上昇し、レプチン(お腹がいっぱいだと感じるホルモン)のレベルは低下します。つまり、夜更かししていると、食欲がアップするうえ、食べても満腹感が得にくくなるという傾向があるのです。体重減を狙うときは、夜ふかしの原因になるものは意識的に遠ざけて、いつもより早くベッドに入り、ぐっすり眠るよう心掛けましょう」

「カラダのためには、運動をしたら休息をとる、というバランスが必要で、運動のし過ぎは余分な脂肪燃焼の妨げになってしまいます。休憩を取らないでトレーニングを続けると、ステロイドホルモンであるコルチゾールのレべルが上がり、お腹につく燃焼しにくい頑固な脂肪が増えるもとになりかねません。運動後のカラダをきちんと回復させないと怪我のリスクも高まるので、トレーニングプランの中には必ず休息日も設定しましょう」

実は便秘もポッコリお腹を生み出す原因の1つです。食生活の乱れや不規則な生活が続くと、「腸内環境が悪化して腸の中が汚れる」、「老廃物が蓄積して悪玉菌が増える」ということが起こります。腸内環境の悪化により便秘になり、血流も悪くなることで、むくみやポッコリお腹を引き起こしてしまうのです。

ポッコリお腹を改善するには、食事内容をコントロールして余分な脂肪が増えるのを防ぎ、有酸素運動に無酸素運動を組み合わせると、脂肪燃焼を促進させることが期待できるでしょう。ダイエットグッズを使ってお腹周りの脂肪燃焼を促進させやすくする方法もありますので、ご自分に合ったダイエットを探してみてください。

お腹にフォーカスしたトレーニングをしているのに、結果が出ない理由はそこにあったのか!と目からウロコが落ちる思いがした方もいたのでは? 運動と休息、エクササイズの内容も「バランス」を大切にしながら、スリムなお腹を手に入れたいですね!

軽く息を吸いながら足を肩幅くらいに開いて立ち、頭の後ろで指を組みます。そして、息を吐きながら、対角線上のひざとひじを近づけ、お腹をひねります。これを繰り返し行います。

お腹をもむだけでは脂肪が燃焼することはありません。もんだり、マッサージすることで細くなったという話を聞くこともありますが、それは脂肪が減ったわけではありません。ほとんどがむくみの解消によるものです。むくみの解消は下腹ポッコリの解消にもつながりますが、直接的にはお腹をもむことで下腹ポッコリの解消にはつながらないことを知っておきましょう。

「パスタやパンのような炭水化物の量を減らして、ズッキーニの細切りをスパゲティのようにして食べるコジェッティなども試してみるといいでしょう。炭水化物を減らすのは簡単なことではありませんが、全体的な摂取量を抑えることで、お腹の脂肪を落とす絶好のチャンスになると思います」

「お腹の周りの筋肉=腹筋」には腹直筋や腹斜筋、腹横筋の3種類あります。ポッコリお腹の解消のためにはこの3種類の筋肉の1つである腹横筋を鍛えることが効果的だと言われています。この筋肉は内臓を支えている筋肉なので、鍛えてあげることでぽこっりお腹の解消を期待できます。

40歳を過ぎ、いわゆる「中年」と呼ばれる世代になってくると、多くの男性はお腹がポッコリしてきます。本人は気にならなくても、奥さんをはじめ周りの女性たちは気になるでしょう。まだまだ働きざかりの男性たちは、どのようにダイエットすればいいのでしょうか。

自己流でダイエットするのは、ポッコリしたお腹が凹まないなど、思い通りにならないことが多くて挫折してしまいがちです。もっと簡単にできるダイエットは無いのでしょうか。

「お腹のたるみは、腹筋運動のような腹部だけに集中したトレーニングで抑えることは難しいといえます。お腹の脂肪は身体のエネルギーを蓄える場所なので、その脂肪を減らすには全身運動が必要です」とジェームズ博士。