ダイエット

番組に59歳・男性から寄せられた健康の疑問『お腹だけが出ちゃう

お腹が出てくると ファッションにも変化が

ハードな運動や厳しい食事制限をしても、長続きしません。これまでの生活習慣を“ちょこっと”変える3つのチャレンジを続ければ、お腹まわりの脂肪を無理なく減らせるはずです。

ツイスターは、台の上に乗って腰を左右にひねると、回転する反動により腹筋を引き締めてくれるグッズです。ポッコリお腹を引っ込めたいときには、最適でしょう。

男性のぽっこりお腹の原因となる内臓脂肪を落とすには、運動だけでなく食事にも気を付けなければなりません。

お腹が出てくると、ファッションにも変化が。実はお腹が気になる男性の6割が「洋服選びが変わった」と答えています。どんな風に変わったかを尋ねると、1位「大きめサイズを選ぶ(47.3%)」、2位「身体のラインが出やすい服を避ける(17.6%)」、3位「薄着を避ける(12.7%)」という結果になりました。

仕事ができる男性は移動中やデスクワークだけでなく、大切な会議、クライアントとの商談、接待の会食等で仕事に費やす多くの時間を座って過ごしています。つまり、座っている姿勢を改善するば、ぽっこりお腹を解消する近道となりますので、意識してほしいことをお伝えしたいと思います。

男性がお腹回りの脂肪を落としてぽっこりお腹を解消するためには、運動や食事といった基本的なことの他に、リンパケアを習慣にすることもおすすめです。

ちなみに、お腹が気になりはじめてから着る機会が減った服のナンバーワンが「Tシャツ」。半数以上(56.0%)の男性が「Tシャツが似合わなくなった」と感じています(グラフ②)。

そのため、凝り固まっていた筋肉もほぐされて腰痛が軽減できます。腰痛持ちの男性にとっても、お腹痩せダイエットは非常に効果的なトレーニングと言えるでしょう。

ポッコリお腹を改善するには、食事内容をコントロールして余分な脂肪が増えるのを防ぎ、有酸素運動に無酸素運動を組み合わせると、脂肪燃焼を促進させることが期待できるでしょう。ダイエットグッズを使ってお腹周りの脂肪燃焼を促進させやすくする方法もありますので、ご自分に合ったダイエットを探してみてください。

どんなに仕事ができたとしても、外見だけで印象を悪くしてしまってはもったいないですよね。仕事ができるビジネスマンこそ、ぽっこりお腹を解消して、スリムなお腹を目指して努力していきましょう。

なぜ40〜50代になるとお腹まわりに脂肪がつきやすくなるのでしょうか? 産業医として働く人の健康づくりを指導している福田先生に伺いました。

体重を1kg減らすと、お腹まわりがおよそ1cm小さくなります。1kg減量するためには約7000kcal、1か月間で計算すると毎日約230kcal分(=ご飯1膳分)のエネルギー摂取量を控えるのが目安。ふだんよく飲食するものを次のように置き換えるだけでも効果があります。

床や畳の上をお尻で歩くトレーニングです。鍛えられる部位は、大腰筋、腸骨筋など。インナーマッスルをしっかり鍛えることができ、さらに骨盤のゆがみを整える効果もあります。お腹の筋肉にしっかり効かせていきましょう。

仕事ができる男性は、移動中の電車の中でも、スマホやノートパソコンで多くの仕事をこなしています。無意識のうちに、背もたれに寄りかかり、目線が下がり、背すじは曲がって猫背に近い形になってしまいます。例え、背もたれに寄りかからなかったとしても、背すじが曲がっていれば骨盤は後ろに傾き、ぽっこりお腹を作り上げる原因の一つになります。

番組に59歳・男性から寄せられた健康の疑問『お腹だけが出ちゃう。何とかならない?』に対して、医師が回答した。