ダイエット

栄養士として 食の観点から多くのお客様をダイエット成功に導く

栄養士として 食の観点から多くのお客様をダイエット成功に導く

ダイエットの効果を最大限に引き出すために、ボディケアのプロがサポート。
アライメントの調整を行うことによって、ダイエットの促進だけでなく、痛みやだるさも改善に導きます。

本気で痩せようと考えた際ダイエットを成功させるには、何が必要なのかパーソナルトレーナーと無料アプリの観点から調べてみました。

本気で、短期間の減量を考え、まず思い付いたのはパーソナルトレーナーを活用したダイエットです。

栄養士として、食の観点から多くのお客様をダイエット成功に導く。食べる楽しみや食の大切さを分かりやすく指導している。

急激なダイエットは身体によくないという話は聞いたことがあるひとも多いはず。実際にそのとおりで短期間で一気に痩せようとするのは身体への負担が大きい。そんななかで、短期間で10kg痩せた経験のある女性たちに話をうかがうと、かなり偏ったダイエット方法の方もいる様子。

例えばですが「◯◯丼」と「蕎麦」の場合。蕎麦の方がカロリーは低いイメージですよね?確かに蕎麦ダイエットなるものもありますから、決して蕎麦のカロリーが高いということではありませんが、意外にも◯◯丼の方が低カロリーだったりするんです。

一人で何となくダイエットを始めようと考えてもこの5つを実現できない場合、減量を成功することができません。

私にとって人生で初めてのダイエット体験でした。ストレスや運動不足が重なりこの3年程で体重が10kg増加し、痛風や体の不調も感じていましたので、運動だけではなく栄養士による食事のサポートもあるAnatatoはとても自分に合っていると感じました。始めは自己流で食事量を極端に減らしてしまい貧血などの症状で苦しみましたが、アプリを利用した栄養士からの内容や時間帯の見直しのアドバイスでバランスの取れた食事に変えることができ体調も回復しました。また、運動はビーチバレーを行っていたので、トレーナーとのフリーウェイトを中心としたトレーニングで体の弱点の克服やボディメイクができ、楽しく取り組むことが出来ました。何よりもダイエットが成功できたことに大満足しています。

確かに食べ順に気をつけていれば、より太りにくい身体作りには効果的ですが、2週間という短期集中ダイエットにはそれだけでは足りません。

もちろん、その◯◯丼の◯◯が何かにもよりますので、蕎麦の方が低カロリーということもあります。毎回カロリーを気にして見ているとだいたいのカロリーを把握できてきますから、2週間ダイエット後にもカロリーチェックは習慣にしてください。リバウンド防止にもつながります。

ダイエット中に肌荒れしてしまう方の多くの原因は栄養が偏ってしまうからです。あくまでも栄養バランスを重視したメニューを心掛けることも大切なポイントです。

そして、その量と摂るタイミングですが、1番簡単なのは夜ご飯の主食を摂らずにおかずのみにすること。ですが2週間という短期ダイエット。できれば3食主食は摂らない日を2日に1回くらいのペースで作るのがベストです。主食を摂る日であっても、朝のみ、そしていつもの半分の量。朝に摂取した主食(炭水化物)はその日1日の運動量でカロリーが消化されるからです。でも朝の食欲はあまり…という方もいると思います。そんな時は無理して食べなくてもちろんOK。

モデル歩きしながら振り替えったら、ワキ毛もっさり…なんて最悪。そこで、食事と運動の適切なアドバイスをしてくれるパーソナルジムに通えば、目標体重まで痩せられる確率が高くなります。この基礎代謝を1. 】 外出する 小腹がすいたり、間食がしたくなったりするのは、 家でダラダラしている時ではないでしょうか? それは家にいる限り、 人の目がなかったり気軽に食事をする環境が整っていたりするためです。はっきりとしたアイメイクも、実はシャドウが濃いわけではなくアイラインをしっかり引いて目力を出していることがわかると思います。一口にダイエットといっても「体重を落とす」「サイズダウンをする」「内臓脂肪を減らす」「脚を細くする」など、いろんな意味合いが含まれています。肋骨がゆがむと内蔵が下がるなど通常と違う位置に来てしまいます。あまり食べてないのに吐く習慣がつくと、健康被害がでます。

2週間ダイエット期間中に、摂取カロリーを1000カロリー以内に収められなかった…なんて日も来るかもしれません。我慢できずについつい1日だけならと食べてしまった、そんな出来心によって2週間ダイエットは失敗に終わり、辛かった嫌なイメージしか残らなくなってしまいます。

学生時代から専門的に学んでいるトレーニングの知識を生かし、ジム以外の時間にもダイエットや体系のキープができるようなメニューを提案しています。そして理想の身体(マッチョ)を目指して自身で日々トレーニングをしています。