ダイエット

1月 10キロ 減量 成功

1月 10キロ 減量 成功

有酸素運動のポイントは、会話が出来る程度のゆっくりとしたペースでしっかり呼吸をしながら行うことです。100mダッシュなど息切れするほどのハードな運動では、直接的な脂肪燃焼は望めませんので、酸素をしっかり取り込めるペースで行うことが大切です。

もし、筋トレをせずに有酸素運動や食事制限だけで10キロダイエットしたとしても、エネルギー不足で筋肉が落ちて基礎代謝が落ちてしまうことも。運動を始める前より基礎代謝が落ちると、運動を止めたらリバウンドするなんてこともあります。

1ヶ月や2ヶ月で10キロダイエットするためには、食事制限に筋トレや有酸素運動を組み合わせることは必要不可欠。

そのため、5キロ減量するための秘訣ではなく「健康的にダイエットを成功させる秘訣」と捉えていただけると幸いです。

開始わずか1ヶ月半で体重10キロ減量のダイエットに成功!ビフォーアフター動画を公開!短期間で痩せるおすすめの方法とは!?お腹ぽっこり40代『意志弱男(いしよわお)』が、ダイエット中の簡単な自宅筋トレメニューとゆるい食事制限を継続して毎日ブログに記録。お腹ぽっこりはすっかりなくなり現在は細マッチョ体型に!短期間でダイエットを成功させたい方はよかったら参考にしてみてください。

成功させる秘訣は以下の通りです。

厳しいことを言うようですが、基本的な考えを意識できないのであれば、いつまで経ってもダイエットは成功しません。

10キロダイエットした状態をキープするためにも、筋トレもしっかり行って基礎代謝を高めていくことが大切です。

参照:簡単ダイエット!エクササイズなしで1ヶ月で最大10キロ痩せる方法とは?

タバタ式トレーニングとは、負荷の高い運動を20秒間、その後休憩を10秒間のサイクルで繰り返し行い、8セット合計4分間行うトレーニングです。タバタ式トレーニングを行うと有酸素運動・筋トレ両方の効果を得られます。

ダイエットを成功させる人は、漠然とダイエットを始めるのではなく、ダイエットに取り組む明確な目的があります。

慣れてきたら5分、10分、1セット、2セット…と慣らしていけば良いのです。

男が1ヶ月半の期間で10kgも痩せたら変わるのです!実際に経験したからわかる見た目の変化と、14個のよかったことをビフォーアフター画像とともにお話しします。

10分×3セット(1セット終了後、1分間の休憩を入れる)が目安ですが、はじめは1セットでも構いませんし、全く運動してこなかったのであれば、はじめは3分でも構いません。

コンビニエンスストアで済ませたい場合でも、糖質制限は可能です。玄米おにぎり、ブランパンなどは糖質が少ないため安心です。減量中は栄養バランスがとくに大切なので、サラダ、野菜ジュースに豆腐などを加えて、たんぱく質を摂るとベストです。