ダイエット

お腹を凹ませて歩く 効果

お腹を凹ませて歩く 効果

無理せず効果を得られる強度、この3cmというのがキモだ。

【やり方】
① うつ伏せに寝た状態で、肩の真下に肘を置く。
② 肘と足のみで身体を浮かし、お腹とお尻に力を入れて体を支える。
③ 肘で床を押し、三角形に見えるようにお尻を上に突き上げる。
④ ②の姿勢にゆっくりと戻っていき、繰り返し行う。
◆回数
10回を目安に3セット行う。

いつもと同じ距離や時間歩いただけでも、かなり疲労を感じることができます。特にお腹周りは「効いてるな」と実感します。もちろん筋トレの時にも行って頂いても大丈夫!スクワットなどでは、安定感を実感してもらえると思います。

10代から15年間ファッションモデルとして活躍した後、結婚・出産を経てウォーキングインストラクターとして復帰。独立後、短期間で効果の高い独自のメソッドを確立。レッスン参加者の90%以上が、3ヶ月でワンサイズ以上サイズダウンしている。
2011年、「ベル・ポーズ」を設立。姿勢や歩き方で見た目を美しくするだけでなく、その人の内側から魅力を引き出すためのレッスンを開催中。

『ドローイン』だけでは劇的な体重減にはなりませんが、身体の中心を鍛えることでバランスが安定し、体全体が引き締まって見えるという効果が期待できます。

ただやみくもに運動すれば良いわけではなく、姿勢を意識することが大切です。姿勢は骨盤から頭までを一直線にする意識が重要です。そのためには猫背のような姿勢にならないように胸を張りましょう。また、お腹にも力を入れて歩くとスムーズな移動が身に付きます。

ウォーキングはある程度身体が温まってからの方が脂肪燃焼効果が高いことが理由になります。

腰痛の原因は様々ですが、腰痛を和らげ腰椎や骨盤を安定させるためにはインナーマッスルを動かすことが効果的でそのためには腰に負担のかかりにくい『ドローイン』が最適だと言われています。

爪先立ちをすると背筋が伸びて、ヒップの位置が上がり、腹部も締まります。ヒールの高い靴を履くと、この効果をキープできるわけですが、こうしても内臓脂肪を横から抑えることができないので、正面から見るとウエストのくびれが目立たなくなります。腹横筋のトレーニングには、ウエストをくびらせる効果があります。

こちらも動的にインナーマッスルを刺激する運動です。左足と右腕のように対角で動かして、お腹をへこますだけでなく「くびれ」をつくることにも効果的です。

アルコールには1gあたり7kcalが含まれており、ビール中ジョッキであれば約200kcalになります。またアルコールは、他の栄養素より先に代謝に使われるため、本来燃えるはずだった脂質や糖質が後回しにされ、お腹周りが太りやすくなります。自分の適量を理解するとともに休肝日を設けるなど、飲み過ぎないようにしましょう。

足を踏み出す際にいつもより歩幅を3cm大きく。これだけで下半身のシェイプアップ効果が期待できる。

ドローインのやり方はいろいろですが、寝て行う・立って行う・座って行うなどの静止して行うやり方の効果はあまり差がないとされているので好きなやり方を選んでください。

ウォーキングやジョギングはできるだけ毎日行うようにしましょう。日頃から取り入れることでミトコンドリア数が増加し、脂肪を燃焼しやすい体を目指すことができます。開始から2週間で効果を実感できる方が多く、1ヶ月継続できるとお腹が徐々に絞られてきた実感が増してきます。

普段あまり運動しない人には「ゆらころん」がおすすめです。
「ゆらころん」は大手フィットネスチェーンのメソッドが詰まった、新しい腹筋マシン。
ロッキングチェアーのように座ってゆらゆらするだけなのに、お腹にしっかり効く!