ダイエット

ウォーキングの効果を高めるポイントは以下の3つです

☆ウォーキングのコツは?

有酸素運動を継続して増やすために、ひと駅分をウォーキングやジョギングで移動したり、買い物へ行くときに自動車をやめてサイクリングを取り入れたりといった工夫をしましょう。

腹筋を割りたい人は、ウォーキングと筋トレを組み合わせてみましょう。

○ウォーキングを行うタイミングですが、ダイエット目的の場合は、食前など空腹時に行うと脂肪燃焼の効率が上がります。ただし、起床後すぐは血液中の水分が不足した状態で危険です。朝食前にウォーキングする場合は、脳梗塞や心筋梗塞などの予防のためにもコップ1杯程度の水分と、少量の糖分を補給をしてから行いましょう。
健康維持、体力作りが目的の場合は空腹時は避け、気温の穏やかな時間帯に行いましょう。

ですが、急な運動でかえって身体を痛めてしまっては意味がありません。
まずはウォーキングなど軽めの運動から始めましょう。

ウォーキングやランニング、自転車など強度は低く、持続して行う運動です。
効果として、心肺機能の向上や脂肪燃焼などがあります。

これから運動を始める方は、まずはウォーキングから行いましょう。有酸素運動の中でも最も強度が低く続けやすい運動です。

ウォーキングの効果を高めるポイントは以下の3つです。

気候も穏やかになり、ウォーキングやジョギングされる方を見る機会も増えた気がします。
新年度をきっかけに、何か運動を始められる方も多いと思います。

特に、ウォーキングをする際にドローイングを取り入れると、消費カロリーが約40%向上するため、より脂肪を燃焼しやすくなりダイエットにも効果的です。

☆ウォーキングのコツは?

1セットたった3分、スイスイ左右にスライドする新感覚エクササイズ!
雨が降っても、ジムに行かなくても自宅で気軽にカロリー消費。①スイスイ左右にスライドするだけで、効率的にカロリー消費
スライド運動は前ももの筋肉をウォーキングの約2倍も刺激。
有酸素運動の代表格であるウォーキング以上の負荷を筋肉にかけながら運動を継続することができるため、より効率的なカロリー消費が可能です。②傾斜設計だからバランス運動も可能。お腹の引き締めにも効果的!
約10度の傾斜設計により、不安定なボードの上で行うバランスを取りながらのスライド運動は、体幹も刺激するため気になるお腹まわりにもアプローチ。③全21種類の多彩なエクササイズ
付属のエクササイズバンドを使えば、腕、お腹、お尻、脚など、気になる部位を重点的に鍛えることが可能。不安定なボードを活用したエクササイズは、平らな場所で行うよりも筋肉を刺激します。有酸素運動、バランス運動、そして筋力トレーニングの3つを1台で行うことができます。

特にウォーキングは、呼吸を意識しながら体を動かしやすいので、これまで運動をしてこなかった人でも無理なく行えます。

また、脂肪を燃やすためには20分以上続けて有酸素運動を行わないといけない、といわれていましたが、10分程度のウォーキングを3回に分けても脂肪燃焼効果が期待できます。