ダイエット

運動が苦手な方はウォーキングの方が始めやすいかもしれませんね

運動が苦手な方はウォーキングの方が始めやすいかもしれませんね

ウォーキングはある程度身体が温まってからの方が脂肪燃焼効果が高いことが理由になります。

姿勢の次は歩き方。かかとから着地し、つま先で蹴り出すように歩きましょう。膝は負担がかかりやすいので、なるべく伸ばし、腰から前に出すようなイメージで歩いてみましょうね。歩幅を広くし、早歩きでウォーキングすると運動量が増えるのでおすすめです。

ウォーキングと筋トレの組み合わせ方としては、基本的に腹筋を鍛えてからウォーキングに取り組んだ方が効率的です。

それが「ウォーキングパラダイス」に託す僕の意乗り(意を乗せる>「祈り」より強い思いを込めて)である。

ウォーキングは、ランニングほどカロリー消費がないのでダイエットへの効果はランニングに比べ低くなりますが、ウォーキングのほうが脚腰への負担が少ないことや、ウェアが揃っていなくてもシューズがあれば始めやすく続けやすいなど、メリットもあります。運動が苦手な方はウォーキングの方が始めやすいかもしれませんね。

実際のところ、ウォーキングだけで腹筋を割ろうとするとカロリーの消費量を増やすために運動強度を上げるか、長時間歩かなくてはいけません。

ウォーキングは、背筋を伸ばし、あごを引いて行うため、普段の姿勢もよくなります。継続することでダイエット効果も表れ、スリムで美しいからだづくりにもつながります。

水による浮力で関節や膝への負担が少ない水中ウォーキング。水圧がかかっていることで普通に歩くより多くエネルギーを消費できます。また、水圧により全身の血液循環がよくなるので疲労回復やリラックス効果も得られると言われています。

ウォーキングをすると代謝も活発に、また汗をかくことで老廃物が排出されますし、血行が良くなるので、顔のくすみやクマにも効果が期待できるとも言われています。モデルさんや女優さんも美肌のためにウォーキングをしている方も多いようです。

ウォーキングは、からだにたまった皮下脂肪や内臓脂肪を燃やすことができる「有酸素運動」です。有酸素運動とは、空気中の酸素を体内に取り込みながら持続してできる運動のことで、ジョギングや長距離の水泳もこれにあたります。

脂肪燃焼を念頭に置いた場合、ウォーキングは最大心拍数の4割から6割程度の強度で取り組むのが理想です。

この状態から腹筋を割るには、ウォーキングで脂肪を燃焼しつつ、筋トレで腹筋に凹凸をみだす必要があります。

全国の百貨店の屋上や大型ショッピングモールのイベントスペース、公園などで、デュークズウォークを教えるプロが、健康になるための歩きのすべてを、老若男女問わず誰にも無料で教えてくれる、それが「ウォーキングパラダイス」。

筋トレは筋量を増加させる効果があるので、太りにくく痩せやすい身体をつくることができます。一方でウォーキングは、脂肪を燃焼させる効果が期待できるため、筋トレとウォーキングをあわせることで相乗効果がうまれ、よりダイエットや健康維持に繋がります。

筋トレで腹筋を鍛えると、ウォーキングのみを実施した場合より短期間に腹筋を割ることが可能になります。