ダイエット

ダイエットに効果的なウォーキングの方法をご紹介します

ダイエットに効果的なウォーキングの方法をご紹介します

ウォーキングシューズは、歩いていても疲れにくい構造になっています。インソールや靴下などで工夫できる場合もありますが、ウォーキング用の靴を選ぶ場合には、「重さ」「つま先」「かかと」などに着目します。ある程度重さがあると歩幅が伸びやすく、つま先にゆとりがあり、かかとで足をしっかり支える構造になっていると前進運動がスムーズです。

ウォーキングをする距離や時間は、続けやすさを考慮すると1日あたり3kmほど、30分程度がおすすめです。歩き始めて15分ほどで体の脂肪がより多く使われ始めるため、最低でも20分歩くと良いでしょう。逆に、1時間以上歩くと体が脂肪を蓄える方向にはたらくため、ダイエットとしては逆効果です。

『ステッパー エクササイズ お腹くびれウエストへ 引き締め 運動 室内』は、5回の取引実績を持つかなこさんから出品されました。ウォーキング/スポーツ・レジャーの商品で、大阪府から2~3日で発送されます。

30分のウォーキングは、ウエストサイズを細く保つ効果も持っています。15日間でウェストに結果を出すことが目的ですが、その後も太りにくくなることでしょう。

また、ウォーキング後の体は、運動で代謝が上がりエネルギーが不足しています。特に、運動後約45分は栄養の吸収が効率よい状態のため、食事の準備やシャワーなどで終わってしまいがちです。そのため、早めに食事をとるように意識することが大切になります。

また、ウォーキングは、下半身を中心に全身を動かす運動のなかでも身体に負担がかかりにくく、脚を痛めたり貧血を起こしたりする可能性が低い運動です。ウォーキングを始めて15分ほどすると体の脂肪が燃え始めます。歩く時間が長いほど、内臓や血液中の脂肪を減らすのに役立つのです。

ちょい足しウォーキングでウエスト細く!

ダイエットに効果的なウォーキングの方法をご紹介します。

また、体のバイオリズムを考慮すると、できれば朝にウォーキングをするとより効果的です。歩く速度は、通常よりも少し速く息がはずむ程度(時速5km程度)が目安です。ウォーキングでは、胸を開いて背筋を伸ばし、大きく腕をふって歩きましょう。

内臓脂肪の蓄積は美しいウエストラインをどんどん隠していくもの。余計な厚みを取り去りたいなら、1日30分のウォーキングを組み込みましょう。特別に時間を割り振らなくても、通勤時間などで駅まで歩く時間でもOKです。

ウォーキングの効果をとくに実感しやすい部位は、足や背中です。ウォーキングは、下半身の筋肉をよく使うため、引き締まった下半身を作るのに役立ちます。また、腹部には呼吸を支える筋肉があり、有酸素運動であるウォーキングを続けると、内蔵脂肪や皮下脂肪を燃焼しやすくなります。

ウォーキングの前に軽く筋トレをしたり、ウォーキングにひねりを加えたりすることでダイエットの効果が高められます。さらに、背中や体を支える肩甲骨周りの引き締めにも効果的です。荷物をもたず、意識的に腕のふりを大きくしながらウォーキングするとさらに効果を高めることができるでしょう。

筋肉があれば、それだけ体の血行が促進され、体が温まりやすくなります。体が温かいほうがより効率よく脂肪を燃焼できるのです。そのため、ウォーキングで脂肪を減らし筋トレで痩せやすい体を作ればダイエットにより効果的です。

ウォーキングダイエットは、効果が出るまでに時間がかかるものの、体に負担がかかりにくいダイエット方法です。食事内容や筋トレを工夫すると、より効果的に痩せられるでしょう。一方、クリニックでのダイエットは痩せるホルモンなどにも着目してダイエットをサポートしています。それが「メディカルダイエット」です。

背中まわりや腰まわり、太ももなど気になるパーツを簡単に動かしてからウォーキングをはじめると脂肪の燃焼効果が高まります。