ダイエット

40代になって基礎代謝が落ちると 内臓脂肪が蓄積されていきます

40代になって基礎代謝が落ちると 内臓脂肪が蓄積されていきます

40代になって太りやすくなる原因が分かったところで、実際にダイエットをする際に効果的な方法や必要な要素を詳しく見て行きましょう。

20代女性の平均的な筋肉率は39%に比べて、40代になると33%まで減少します。

必要な栄養を必要なだけバランスよく摂ることこそが40代のダイエットの真髄といえます。

まずは40代になるとなぜ痩せにくくなるのか、その理由をご紹介します。

40代の内から第二の人生に向けてコツコツと準備しておくと、50代、60代になってからも引き締まった体型を維持できたり、健康でいられることに繋がるでしょう。

40代半ばから50代半ばにかけて現れる、いわゆる“更年期”と呼ばれる症状も女性ホルモンの分泌量の減少によるものです。

さらに、40代ダイエッターからは、一時的なものに手をだして失敗させるくらいなら、しないほうがマシとの声もありました。食事制限は直接的に代謝を落とすことにもつながります。極端な食事制限で代謝が落ちてしまったら元も子もありません。

女性ホルモンは20代半ばから30代前半をピークに緩やかに減少し、、40代になると急速に減少する傾向があります。

40代になり、20代や30代に比べて、痩せにくくなったと感じている方も多いのではないでしょうか。

40代になると体重の増え方や、体型の変化が20~30代までと大きく変わってきます。

40代になって基礎代謝が落ちると、内臓脂肪が蓄積されていきます。

その一方、40代というと「結婚生活が安定した」「子供も大きくなった」「仕事も落ち着いている」などと、いまいち新鮮味がなく変わり映えがない毎日になってしまって、マンネリ化を感じることもよくある話です。

若いころは何も考えずに飲んでいたお酒も、40代になると太らないように飲むことを心がけなければなりません。まずは太らないお酒の飲み方を知ることで痩せることができたという声も。

ケトン式、パレオ式、地中海式、それからビーガンなどなど…いずれの方法にもそれなりの根拠があります。興味深いのは、女性の体を対象とした研究が数多く試されているのに対し、男性の体を対象にした研究は少ないという点です。 「男性のほうが食事制限や食事時間の管理に対する抵抗が少ない、という傾向があるようです」と言うのは、カークパトリック先生。例えば「6時以降の食事を控える」などというシンプルな方法が、大きな効果を発揮することもあります。実際、カークパトリック先生のクライアントで、70キロ弱の減量に成功した男性の場合には、驚くべき効果がもたらされたと言います。 もし、何らかのダイエット法や食事法を採用するのであれば、自分のライフスタイルに合った方法を選ぶよう心掛ける必要があります。特に40代の男性は職場での役割も増え、社会的責任も大きくなり、日常生活はどんどん多忙を極めていく傾向が高まります。両親の介護にも時間をさかなければならない、そんな問題にも直面せざるを得ない年齢かもしれません。 超多忙な生活をおくっているのなら、ケトン式は難しいかもしれません。なぜなら、毎食の支度に時間が必要で、つまり在宅時間の長さが求められるという一面があるからです。

ですが、40代はこれからの人生をどうやって過ごしていくかが決まる、重要なターニングポイントとなる年代でもあります。