ダイエット

本気ダイエット 50代

本気ダイエット 50代

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

また、50代のダイエットに糖分は天敵です。コンビニのスイーツやお菓子は、日常的にとる習慣は見直し、なるべく控えるのが望ましいといえます。

50歳を過ぎてから、ずっとやってみたかったベリーダンスを始めました。思い切ってやってみたらすごく楽しくて、それでまた自分の身体にもきちんと向き合うようになりました。

山村紅葉さんみたいに痩せたい!と思ってもなかなか同じような生活は難しいもの。自分の生活リズムが身についている40代・50代の方におすすめなのが「酵素ダイエット」!効果も高い・リバウンドもしにくい・やり方も簡単とあって幅広い年齢の方から人気のダイエット方法なんです!

自分の考えをしっかり持っていて、ブレない男性は浮気をする確率が低いようです。なぜなら、しっかりと主義主張がある自らが自らの考えに基づいて選んだ女性と付き合っているわけですから。このような男性は、常に判断基準が「自分」にあり、周りの声や流行に流されることがほとんどありません。さらに、女性の好みに細かいこだわりが多く、ストライクゾーンが狭い男性の場合は、本気で惚れた女性から目移りすることは少ないものです。そして、本気で惚れた女性が、自分の主義主張を受け入れてくれる女性だったら、よそ見をすることはまずないでしょう。主義主張がハッキリとしている人は、自分の考えに自信をもっていますし、そんな自分のことが好きだという人が多いものです。ですから、そんな自分が惚れた女性が自分の望むように自分を受け入れてくれて、「この女性とは分かり合える」「心の深いところで結ばれている」と実感していれば、他の女性を求める理由はないのです。

暖かくなってきたら、またミニスカートをはきたいです。実はそういう服が好きなのです。やっぱりいくつになっても好きなものは好き。50歳になってもミニスカートを上品に着こなせたら素敵だなって思います。

また、50歳前後のアラフィフ世代は更年期真っ只中。閉経によって脂肪燃焼を助けてくれる女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少し、そのため脂肪が代謝されにくくなります。自律神経も乱れてストレスが溜まりがちなことから腸内環境も悪化するなど、太りやすい原因が重なってしまうダイエットに不向きな時期ともいえるでしょう。

アラフィフ~50代・更年期女性の悩みの1つが体重の増加。「ダイエットをしても体重が減らない」「食べる量は変わっていないのに年々太る」という嘆きが多く聞こえてくるのには理由がありました。「大人更年期太りの簡単ダイエット術」を連載で解説していきます。

スポーツをしていてもむくみやすい私に合わせて、むくみ改善プログラムを組んでもらっています。エステティシャンたちは本気で真剣になって頑張ってくれるから、私も一緒になって頑張れる。精神面でも大変助けてもらっています。

50歳を迎え子供も大きくなり、ここからまた自分のために何かできるんじゃないかと思い、ミスパリに通いはじめました。

これまで350種類以上のダイエットにトライし、自身も15kg痩せることに成功。NYではボディメイキングとビューティー全般を学び、ライセンスも取得。
雑誌、テレビ、セミナーなどに多数出演するほか、健康美関連商品の開発も手がけ、『30秒でスッキリ!壁トレ 体を動かすのが好きになる!』!(ナツメ社刊)など著書も多数。現在は洗足音楽学園大学ダンス科でボディコンディショニングの教鞭も執る。

50代更年期からのダイエットで積極的に摂って欲しい栄養素が、筋肉のもととなるたんぱく質。肉や魚、豆や卵、乳製品などの食材に多く含まれています。いつもの食事に、調理も簡単な納豆や豆腐、卵やチーズなどをプラスすると簡単です。

18歳を基準にすると、1年ごとに女性は0.3kgの脂肪が蓄積! 30歳では3kg、40歳では6kg、そしてなんと50歳では9kgもの脂肪が体についてしまうのです。

若い頃、数日食事量を減らすだけで、スルスルっと体重が落ちた経験はありませんか? 50代更年期になって同じダイエットをやっても基礎代謝自体が減っているので効果が出にくくなります。そればかりか、肌荒れや顔色が悪くなって老け見えしてしまったり、更年期のストレスに拍車がかかり、痩せてハッピーになりたいというゴールから遠ざかってしまうことも。

仕事に家事にと、休む暇のない50代更年期世代。そこに運動と食事のダイエットまでがんばって、息切れしてしまっては元も子もありません。