ダイエット

ふくらはぎ筋トレ♡昇降運動高さが10~20㎝の踏み台を使用します

筋トレを取り組むと 血流が促進されて身体の中の血液を循環します

ダイエットの目的が”ただ痩せる”ことなら、有酸素運動の方が有効かもしれません。しかし”痩せた上でリバウンドしにくい身体を作りたい”と思っているのなら、さっそくダイエットに筋トレを取り入れるべきでしょう。

ジムではさまざまなマシンで筋トレすることができます。上半身を鍛えるにはチェストプレス、ラットプルダウン、ショルダープレスがおすすめです。自重トレーニングではなかなか鍛えにくい上半身も、効率よく鍛えることができます。レッグプレス、レッグカール、レッグエクステンションは脚を重点的に鍛えることができるマシンです。全て脚を鍛えるマシンですが、マシンごとに鍛える部位が変わるので理想の体型に合わせて使い分けましょう。これらマシンは効率よく筋トレできる一方で、怪我のリスクも大きくなります。トレーナーから正しいフォームや使い方を習って、怪我しないよう少しずつ身体を慣らして行きましょう。

人間の構造上、血流が全身に行き渡っているとリラックス状態になります。筋トレを取り組むと、血流が促進されて身体の中の血液を循環します。それにより、脳に血液を流してリラックスした状態を作ることができるという仕組みです。

デッドバグで効果を得るためには、ただ手足を交互に動かすだけでなく、しっかりと筋肉に刺激が伝わるように行うことが重要です。両手両足を伸ばした状態で、ゆっくりと上げたり下げたりを繰り返すことで、他の筋トレでは刺激を与えにくい体幹にも負荷をかけられます。

半年でダイエットの成果を出したいなら、筋トレにプラスして有酸素運動を取り入れましょう。筋トレは無酸素運動なので脂肪ではなく、糖をエネルギーとして使います。それに対して有酸素運動は、脂肪をエネルギーとして使います。そのため、有酸素運動を取り入れた方がより脂肪を燃焼できるのです。さらに効率よく脂肪を燃焼させたいなら、筋トレ後に有酸素運動を行うのがおすすめです。筋トレすると成長ホルモンが分泌、それによって脂肪が分解され燃焼しやすくなります。その状態で有酸素運動を行うと、効率よく脂肪を燃焼できるのです。筋トレ後は軽く息が上がる程度の、軽めのランニングやウォーキングを行うと良いでしょう。

筋トレで体重が落ちない原因の一つにタイミングがあります。筋トレの基本はトレーニングと休息です。つまり毎日のように筋トレをするのではなく、筋トレをしたら休息を入れることが重要なのです。また、一日の中でも最も筋肉が付きやすい時間帯が夕方です。

ゴールドジムは世界30カ国、700箇所以上、300万人もの会員を有する、世界最大のフィットネスクラブです。本格的に筋トレを行うアスリートやボディービルダーも通う、世界で最も有名なジムです。筋トレ初心者には敷居が高いイメージですが、スタッフが丁寧に指導してくれるので心配いりません。本格的な選手以外にも健康維持、ダイエット目的のために通う会員もたくさんいます。カウンセリングも行なっているので、筋トレについて何も知らなくてもサポート体制は万全です。

体重が減るだけでなく、見た目にも締まったきれいなスタイルを維持したいという方には筋トレで痩せる方法がおすすめです。有酸素運動と組み合わせることで、なかなか痩せないという悩みも解決できますので、継続して毎日行ってください。

筋トレは、筋肉が沢山ついてからでないと、代謝は上がらないと考えている方も多いかもいしれませんが、実は筋トレを行った直後、筋肉がついた、つかない関係なしにすぐに代謝は上がります。

筋トレ効果を早く実感するにはどうしたらいいの?身体の変化を感じるまでの期間が2カ月ってそんなに待てれないよ!筋トレ効果の期間をできるだけ短くする方法ってないの?と思っている方の為に筋トレ効果をより早く実感することが出来る方法についてまとめてみました。

原因の一つに筋トレはすればするほど痩せると思っている、ということが原因に挙げられます。筋トレは筋力をつけ、代謝を上げることが目的です。筋肉を増やせばその筋肉を動かすためにカロリーを消費します。つまり筋肉をつければつける程、カロリーを消費し脂肪燃焼につながるのです。

痩せるために筋トレに励む方も、トレーニングがマンネリ化してきた方も、ぜひ「ヒップリフト」をメニューに取り入れてみてください。

半年という限られた時間でダイエットの成果を出したいなら、食生活の見直しも必要です。たんぱく質、炭水化物、ビタミン、脂質、ミネラルのバランスを見直し、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。特に筋肉には質の良いたんぱく質が必要なので、積極的に取り入れるようにしましょう。炭水化物はダイエットの敵と思われがちですが、筋トレをする際のエネルギー源です。糖質が不足すると筋肉を分解し、エネルギーとして使い始めるので極端な糖質制限はおすすめできません。野菜や海藻類、食物繊維も積極的に摂って、3食しっかり食べるようにしましょう。

ストレッチをしないと、怪我の原因にもなります。そのため、筋トレを行う前には必ずストレッチを行いましょう。また、ストレッチを行う理由の中に、疲れにくい体を作る、姿勢改善、という効果もあります。そのため、筋トレ前でなくても日ごろからストレッチをしておくことをおすすめします。

ふくらはぎ筋トレ♡昇降運動高さが10~20㎝の踏み台を使用します。足を左右交互に昇り降りしてください。まずは1回5分から始めてみましょう。慣れてきたら少しずつ時間を長くして筋トレ効果を十感じてください。