ダイエット

お腹の脂肪の落とし方 女性 50代

お腹の脂肪の落とし方 女性 50代

仕事に家事にと、休む暇のない50代更年期世代。そこに運動と食事のダイエットまでがんばって、息切れしてしまっては元も子もありません。

考え方を変えてみましょう。たとえば毎日ある自動販売機で150円のドリンクを買っていたとします。その同じ商品が裏側にある自動販売機で100円売っていたらどうでしょう? 次からは、百円で売っている自動販売機で買うようになりますよね。50円の損が許せないから努力も我慢もしないで行動が変わるのです。「損をする」という行動は「続けたくない行動」なので、行動を変える原動力になるんです。

ウェブエクラ週間(8/31~9/6)ランキングトップ10にランクインした人気記事をピックアップ!アラフィー女性を悩ませる寝ている間に「足がつる」。夏の夜に起こりやすい!予防法と対策を参考にして。

食べ過ぎや腸の代謝低下が原因でぽっこりお腹になってしまった場合には、筋トレだけではなかなか解消しきれません。腸に効くマッサージを取り入れることで腸内環境に働きかけられ、ペタンコお腹を目指していけます。

また、女性ホルモンが減ることにより、コレステロール値のコントロールがうまくいかなくなり、急激にコレステロール値が高くなることもあります。

消費カロリーが100kcal減るごとに1ヶ月で約400gの脂肪が減るため、2kg痩せたいなら500kcalを減らすことになります。

また、50代のダイエットに糖分は天敵です。コンビニのスイーツやお菓子は、日常的にとる習慣は見直し、なるべく控えるのが望ましいといえます。

50代更年期からのダイエットで積極的に摂って欲しい栄養素が、筋肉のもととなるたんぱく質。肉や魚、豆や卵、乳製品などの食材に多く含まれています。いつもの食事に、調理も簡単な納豆や豆腐、卵やチーズなどをプラスすると簡単です。

これまで350種類以上のダイエットにトライし、自身も15kg痩せることに成功。NYではボディメイキングとビューティー全般を学び、ライセンスも取得。
雑誌、テレビ、セミナーなどに多数出演するほか、健康美関連商品の開発も手がけ、『30秒でスッキリ!壁トレ 体を動かすのが好きになる!』!(ナツメ社刊)など著書も多数。現在は洗足音楽学園大学ダンス科でボディコンディショニングの教鞭も執る。

女性が健康的で引き締まったお腹周りを目指すには、筋トレは欠かせません。

老廃物に働きかけリンパを流すマッサージだからこそ、丁寧にゆっくりと隅々まで行うことが大切です。毎日お腹の端から端まで老廃物を流していくことで次第にお腹痩せ効果が出てきて、ぽっこりお腹になっていくでしょう。

気になるぽっこりお腹!そんなお腹を引き締めるには?

きっと40代~50代の方なら、うんうんとうなずいてくれているはず。

男性に比べて脂肪量が多い女性はぽっこりお腹になりやすく、ダイエットを考える人も多いでしょう。何が原因でぽっこりお腹になっているのかを把握しておくことが、ペタンコお腹への近道です。

自分のお腹がプヨプヨしてしまった原因を知って、お腹の脂肪を効率的に落としていきましょう。