ダイエット

子供と 筋トレ ダイエット

子供と 筋トレ ダイエット

身体能力の技術的向上および幼児教育において、運動は極めて有効です。ただし、子供に筋力トレーニングを課すことについては、その成長にとってネガティブな側面もあることが指摘されています。子供に対し、負荷のかかるトレーニングを課すなという訳ではありませんが、(プッシュアップやプランクの際の)ボディウエイト、フリーウエイト、そしてバンド/チューブその他の器具を用いることで生じる様々な種類の負荷に、まずは馴れることから始めるべきなのです。

小学生、とくに低学年の頃は「ゴールデンエイジ」と呼ばれ、運動に関わる神経系を発達させる重要な時期です。筋力トレーニングの効果はまだ低いものの、今後のスポーツ活動においての動作習得のひとつとして、筋トレをとり入れることは有効と言えるでしょう。

筋トレにより子供の身長が伸びにくくなってしまうのではなく、ウェイトリフティングなどの過度な「骨に負担が掛かる」運動のせいで子供の身長の伸びが妨げられることが分かりました。

幼児期は、とにかくたくさんカラダを動かして遊ぶことが大切。遊びが筋トレになっているのです。すべり台やジャングルジムを登り降りすることで、手や足でカラダを支えたり、バランスを取るなど、さまざまな姿勢で手足を思い通りに動かすことを学びます。そこから自分のカラダを自由に動かす能力「巧緻性(こうちせい)」が身についていきます。

また体幹トレーニングを行うことによりインナーマッスルが鍛えられ、良い姿勢にもつながります。体幹トレーニングは子供の体の基礎を強くし、姿勢を良くして運動能力を高めることができます。

子供たちの成長のあらゆる段階においても積極的に関わりを持ち、良い見本を示すようにしましょう。

子どもの筋トレは成長によくないと捉えられていることが多いでしょう。しかし実際のところ、決して悪いことではありません。正しい方法で行えば子どもの成長を助け、スポーツのパフォーマンスを向上させ、ケガを予防することができるのです。

体幹トレーニングとはよく聞くものの、子供が行うことによりさらに運動能力を高め、ケガをしにくい体に鍛えられることも分かりました。また筋トレでもあるので成長ホルモンを促し、身長を伸ばしたいお子さんにも有効的なトレーニングです。

では、悪いとされているのはなぜでしょうか。理由の多くは「成長を止めてしまう」「筋トレによって関節を痛める」など、子どもの成長に悪影響を与えるとされる情報が広がっているためです。

「小学生、中学生は筋トレしない方がいい」「子どものうちに筋トレすると背が伸びなくなる」などの噂話をよく耳にしますが、本当でしょうか。

体幹トレーニングを日々行うことにより、自然とヨガによる精神的効果を得ていることにもなります。何事も長続きせず集中力の無かった子供が、日々体幹トレーニングを行うことにより何事にもしっかりと取り組めるようになった、成績が上がったという嬉しい声もあります。

子供に過度な運動をさせると身長が伸びなくなってしまう、そう聞いたことはありませんか?特にダイエットに効果的な「筋トレ」は、子供が過度に行うことに心配する大人もいるようです。筋トレと子供の身長は関係があるのでしょうか。

いきなり結論から述べますと、筋トレによって子供の身長が伸びなくなるといったデータはありません。筋トレを行う子供の身長は低くなる、といった科学的根拠はないのです。

この時期は、まだ高重量のウエイトトレーニングは必要ありません。自重トレーニングや、軽めのダンベルを使った筋トレを中心にメニューを作りましょう。

「たくましい子に育って欲しい」「将来はプロ選手になってほしい!」…そんな期待を子に持つ親なら、このことは大いにあり得ることでしょう。しかしながら子供にトレーニングさせる際には、注意すべき点がいくつかあるようです。