ダイエット

しかし 中学生に身体の部位ごとに鍛える分割法はおすすめできません

この内中学生の皆さんにおすすめなのが自重トレーニングです

筋肉や骨格が発達しきっていない、成長期にある中学生はトレーニングをせずとも身体がどんどん大きくなっていきます。

部活動に毎日取り組まれている中学生も多いと思いますが、自身でコントロール出来る場合は筋トレの頻度は2日に1回、もしくは3日に1回をおすすめします。

成長期にある中学生の体づくりには、私たち大人が筋発達のために行なっている方法は適切でない場合があります。

成長期にある中学生に高頻度のトレーニングを行わせて休息が十分に取れない場合は、筋肉の発達が望めないどころか骨格などのその他の成長も妨げてしまう恐れがあります。

高重量のバーベルやダンベルで鍛えるとカッコよく見えるものですが、中学生の皆さんはまずは無理をせずに軽めの重量での筋トレをおすすめします。怪我をしてしまったんでは元も子もありませんからね…。

親御さんが一番ご存知かと思いますが、思春期にある中学生への接し方は慎重になる必要があります。

この内中学生の皆さんにおすすめなのが自重トレーニングです。無理な負荷が腱や関節に加わる事が少なくなりますので、怪我のリスクを最小限に抑えつつ筋肥大や筋力アップを目指していけるんです。

そんな中学生が筋トレを行う際にまず注意してほしい点が下記の6つです。

中学生になると部活も本格的に始まり、県大会を目指している学校、或いは全国制覇しか目標にない学校など様々だと思います。出来る限り上を目…

中学生になると部活も本格的に始まり、県大会を目指している学校、或いは全国制覇しか目標にない学校など様々だと思います。出来る限り上を目指すに越した事はありませんよね!

しかし、中学生に身体の部位ごとに鍛える分割法はおすすめできません。

まずは筋トレのメニューを組む前に、中学生の皆さんが筋トレをする際に覚えておきたいポイントについて解説をして行きます。

今では色々なメーカーのプロテインがありますが、中学生の皆さんにおすすめなのがマイプロテインです。どこのメーカーよりも格安な値段で手に入りますので、お金を気にせずガブガブ飲めるのが魅力の1つなんですよ。

正直、中学生が筋トレに望んだとしても筋増量は望めません。

筋トレは毎日やってはいけない、と聞いた事がある中学生の皆さんも多いかもしれませんね。