ダイエット

男子中学生 胸筋

男子中学生 胸筋

彼のような変化を求める10代の男子へ、カーターくんは「一貫性こそがすべてです」と言っています。 これにはかなりの時間を費やすことは明らかです。きっと初めは、困難にもぶち当たることでしょう…。

近年は草食男子が増える一方、女の子の肉食化も進んでいると言われています。

同級生で妙に胸筋・腹筋・腕の筋肉がムキムキの人いませんか?その人は筋トレをしているのではなく身長が止まって自然に筋肉がついた可能性があります。

男子の場合、筋肉は男性ホルモンの働きによって増加・増量しますが、男性ホルモンが活発になるのは成長期後半&成長期終了後(高校生ぐらいから)です。よってまだ男性ホルモンが少ない成長期前半・成長期中間の場合、筋肉をいくら鍛えても体表面に出すぐらい増加させるのは困難です。

大相撲九州場所(11月10日初日・福岡国際センター)で大関に復帰する関脇貴景勝が7日、左大胸筋肉離れで休場中の秋巡業に16日(浜松市)から合流する意向を示した。

最近になって「体幹を強くしろ」としきりに言われます。「体幹」とは、腕や脚でなく、胸や腹、背中、いわゆる胴体のことです。特に表面に目立つ大胸筋や腹直筋、広背筋より、その奥にあるインナーマッスルを鍛えることの重要性が叫ばれています。つまり、身体の前面なら腹横筋、背面なら固有背筋(脊柱起立筋)、それに上半身と下半身をつなぐ大腰筋など、深部にある筋肉を重要視しています。
これら深奥部にある筋肉は、姿勢を保持する役割を果たしています。どんな場合もぐらつかず、素早く正しい姿勢に戻す作用をするのです。
つまり身体の中心になる軸になっており、あらゆる動作の基本になるわけです。ここが弱いと、運動中の姿勢がぶれて球を的確に返すことができなくなります。また、骨盤に歪みがあると、腰痛、肩こり、頭痛などを起こしがちです。
今までの筋トレでも、腹横筋はシットアップなど、固有背筋はベントロー、大腰筋はスクワットなどでしっかり鍛えられていますが、もっと効率よく目的のインナーマッスルを鍛えることが必要とされています。

中学生です。
大胸筋をつけたいため腕立て伏せを10×3を毎日していて、わきやしたのほうの大胸筋はついてきたんですが、中央部、上の大胸筋がいっこうにふえません。
どのような筋トレをすればいいですか?