ダイエット

40代のダイエットはまず睡眠から意識してみましょう

40代のダイエットはまず睡眠から意識してみましょう

加齢とともに太りやすくなり、特にウエスト周りの腹部が太くなるのは、厚生労働省発表の「国民健康・栄養の現状」からも明らかになっています。それによると、30代以降、40代、50代、60代と年齢が上がるにつれて腹囲が大きくなっています。・加齢とともに筋肉量が減って代謝が悪くなること
・女性ホルモンのバランスの乱れこの2つが大きく関係しています。女性ホルモンが乱れてくると、それまではカラダ全体に皮下脂肪がついていたのに対し、内臓脂肪が増えて男性のようにお腹だけが特徴的に大きくなる太り方になってきます。女性ホルモンは女性らしいカラダのラインを作ったり、肌のツヤを保ったり、内臓脂肪をつきにくくしたり血液中の悪玉コレステロールが増えないようにするなど女性の美と健康を守る働きをしていますが、そのホルモンは生涯のうち30歳前後をピークに徐々にその分泌量が低下してきますので、その低下が顕著になる40代以降はホルモンの分泌量が減ることで心身に様々な症状や変化が現れるようになってくるのです。

若いころは何も考えずに飲んでいたお酒も、40代になると太らないように飲むことを心がけなければなりません。まずは太らないお酒の飲み方を知ることで痩せることができたという声も。

40代のダイエットはただ体重が落ちればそれで良いというものではありません。健康や体力に気を遣いながら綺麗に痩せる必要があります。若いころは多少の無理をしても問題なく生活できていたかもしれませんが、40代になると体力も落ちるので間違ったダイエットが命取りになります。

必要な栄養を必要なだけバランスよく摂ることこそが40代のダイエットの真髄といえます。

40代のダイエットでは、添加物などが使われていない自然な食品を摂るように心がけることが大切です。20代・30代と比べると食べ物を消化する能力も低下しつつあるので、最も自然に近い形の食べ物を摂ることをおすすめします。

活性酸素は、エネルギーをつくるときに発生するもので、生きている限り発生を避けられません。一方、私たちは体の中に、活性酸素を毒性の低い物質に変えて、消去してくれる酵素を持っています。20代の若い体なら、この消去酵素が十分にありますが、40代からは減ってきます。

40代になると仕事や家事で忙しく、なかなか運動をする時間をとることができませんよね。そこで成功者が試したのは、基礎代謝を上げることをとにかく意識して日常生活を送ること。

まず、女性ホルモンのバランスが乱れてくることで、血中脂質や血糖値が高くなってくるので、食生活は低脂質高たんぱく質の食事を心がけ、糖質である主食やお菓子を食べ過ぎないようにしましょう。糖質の摂取に偏らないように1汁3菜を基本とし、油っこい料理や脂肪分の多い食材や料理はできるだけ避けて、良い油を摂取するようにしましょう。良い油とは、魚や植物油、ナッツ類に含まれる油です。特に日本人が不足している油はオメガ3の不飽和脂肪酸で、魚や亜麻仁油、しそ油やえごま油に含まれています。積極的に摂取を心がけましょう。忙しい現代人は、手軽に食事を済ませるために、丼ものや麺類、パンなど簡単に食べられるもので食事を終わらせてしまうことが多く、その結果、糖質に極端に偏った食べ方になっています。さらに、外食品やお菓子などは脂質の含有量も多いので、血中脂質や血糖値が高くなる40代以降になってきたら特に気をつけなくてはいけません。

40代になると太りやすく痩せにくくなっているのを実感する人も少なくありません。それでも上手に痩せるためにはどのような食事をすればいいのでしょうか?

早寝早起きを意識して心がけても即効性はありませんが、長期的にみて健康的に痩せる体づくりを促すことができます。40代のダイエットはまず睡眠から意識してみましょう。