ダイエット

お茶もダイエットの時は積極的に摂りたい飲み物です

カロリーオフでビタミンも摂取できる 健康ダイエット飲み物です

A:空腹を紛らわせるときに上手に利用するのが良いでしょうダイエットを心がける人にとっての飲み物の利点は、なんといってもその容量。満腹感を感じるコツはいくつかありますが、ひとつはやはり量が多いことなので、コンパクトな栄養調整食品などのお菓子よりも、温かいお茶やスープ類を大きめのカップでたっぷりと飲むほうが、たとえ同じカロリーであっても、満足感が断然違うはずです。

お茶もダイエットの時は積極的に摂りたい飲み物です。その中でもはと麦茶は、新陳代謝を高めてくれる効果があります。
伊藤園のはと麦茶はハトムギの甘みと香ばしい香りが魅力的。カフェインゼロなので、お子様からお年寄りまで、安心して飲むことができます。

ダイエット中、特にむくみに悩んでいる人は無意識に水分摂取を避ける傾向があるのではないでしょうか? しかし、それは間違いです。飲み物の種類をしっかりと選べば、むくみの解消にもつながります。そして、水分が不足しがちになるダイエット中にはしっかりと水分補給をしてあげることが重要になります。

▼低カロリーのものを選ぶこと
ダイエット中は、ほとんどの方ができるだけ低カロリーのものを選ぶのではないでしょうか。そんな時に気を付けたいのが飲み物の種類なのです。

ルイボスティーやプーアール茶、昆布茶、ハトムギ茶などのお茶もダイエットをサポートしてくれる飲み物です。便秘を解消したり、脂肪を排出する働きがあったり、美肌効果を期待できるお茶がたくさんあるんですよ♪寝る前はノンカフェインを選び、温かくして飲めばリラックスすることができます。味もさまざまあるので、飲みやすいものや好みの味を選んで継続できるようにしましょう。飲みやすさで言うなら、ルイボスティー、ハトムギ茶、ごぼう茶、黒豆茶がおすすめです。

続いて、ダイエット中にはあまりおすすめできないドリンクをご紹介します。

ダイエット中にいい飲み物として真っ先に挙げられるのが、白湯や炭酸水です。
どちらも0カロリーで身近なところにあるので、手に取りやすいですよね。白湯は、1杯でも満腹感を得ることができるだけでなく、血液をサラサラにする効果もあります。
ただし、一気に飲んでしまうとむくみの原因になることもあるので、コップ1杯の水を1時間おきに飲むようにするなど、こまめに飲むことがポイントです。炭酸水は、炭酸によって胃を膨らましてくれるので、食前の30分ほど前に300mlほど飲むことで満腹感を与え、食欲を抑えてくれますよ。
それだけでなく、血行促進やデトックス効果なども期待できるので、お肌にもいいと言われています。炭酸水を選ぶときは、糖分が使われていないものを選び、炭酸水のままで飲みにくい場合はスライスしたレモンを入れてみてください。

ココアには食欲を抑えたり、空腹をコントロールしたりする働きがあると言われており、代謝を活性化する働きも期待できるので、脂肪燃焼をサポートしてもらうことが期待できます。また、コーヒーに含まれるカフェインには、食欲を抑えてくれる効果に加えて脂肪を燃焼する作用があると言われているので、こちらもダイエットに役立ってくれます。しかしどちらも選び方が重要です。
ココアに関しては砂糖が含まれていない無糖のピュアココアや無調整のココアを選ぶようにし、コーヒーも加糖ではないブラックコーヒーを選びましょう。また、コーヒーの飲み過ぎはよくないので、1日2~3杯ほどにし、ぐっすり眠れるように夕方以降は控えることがおすすめです。

絶対にダメ!というわけではありませんが、実はカロリーも高い飲み物なのでダイエット中に積極的に摂らなくても良い飲み物です。日本人は約40%が乳糖不耐症といわれているので、牛乳を飲んで下してしまう方は気を付けましょう。

正しい水分補給を意識することが、ダイエットを成功させるためには意外に重要なキーポイントです。正しい飲み方でダイエットの効果を得るためには、それぞれの飲み物の特徴をきちんと知り、ダイエットの妨げにならない飲み物を上手に選んであげることが大切です。せっかくのダイエットの効果を得るためにも、正しく上手に飲み物を摂取しましょう。

ヨーグルトには乳酸菌が含まれているため、腸内環境を改善し、便秘を解消する効果があります。便秘が解消されると、基礎代謝がアップするため痩せやすい体になります。さらに、老廃物が排出されることによる美肌効果も期待できます。また、ヨーグルトに含まれるカルシウムには脂肪を燃焼したり、脂肪の吸収を抑える効果があります。カルシウムは骨や歯を丈夫にすることで有名ですが、ダイエット効果もあるわけです。ただし、市販されている飲むヨーグルトは、飲みやすくするために加糖されていることがほとんどです。あまりたくさん飲むとかえって糖分を摂り過ぎることになるため、注意しましょう。また、低糖タイプや糖質オフの商品を選ぶとよいでしょう。砂糖の代わりにはちみつを使って手作りするのもよいですね。

人工甘味料は砂糖と比べてカロリーも低いため、ダイエット中にも「ちょっとなら…」とついつい飲んでしまいがちです。確かに、カロリーも低く、甘さも感じられますがこの甘味料の甘みによる中毒性や依存性によって、我慢していた甘いものを無性に欲してしまうので、要注意です。

普段から水やお茶しか飲まない人は、ダイエット中も同じで基本問題ありません。しかし、たまには甘い飲み物を飲むことがあるのではないでしょうか。実はそこが落とし穴で、種類によってはとても高カロリーなのです。

■ダイエット中は意識して水分補給を
食事量を制限することが多いダイエット中。実は水分は飲み物からだけではなく食事からも摂っているので、食事量が減ることで水分不足になってしまうこともあります。特にむくみが気になって水分を控えがちな人は要注意です。夏には熱中症の原因になってしまうこともあるので、1日1.5~2Lを目安に水分を補給するようにしましょう。ただし、これはあくまで目安であって必要な水分量は個人差がありますので、例えば運動を日常的に行っていて汗をかく量が多い人はもっと多くてもかまいません。もっとも、水分は摂れば摂るほどよいというものでもありません。過剰に水分補給をしてしまうとむくみや冷えの原因になったり、腎臓に負荷がかかってしまったりもします。適切な量を摂るようにしましょう。■常温以上のものを回数を分けて
水分補給のときに気を付けたいのが温度。水やお茶はカロリーがないので安心して飲めますが、冷たいものを飲むと内臓が冷えて代謝が下がってしまいます。常温以上のものを飲むようにしましょう。また、一度にたくさん飲むのではなく、こまめに少量を飲むのもポイント。一度に大量に水分補給をすると、汗や尿で水分の排出が追い付かずに体内に余分な水分として溜まってしまい、むくみや冷えを呼び起こします。コップ1杯分くらいを1日に6~8回程度に分けて飲むようにしましょう。

ダイエット中なのに、むしょうにオレンジジュースが飲みたくなることってありますよね。このレシピは、炭酸水にオレンジを入れるだけなので、無駄な甘味がなく、とてもさっぱりとした味わいになっています。作り方は、オレンジを細かくカットし、炭酸水を入れたグラスに加えます。オレンジの果汁を入れ、よく混ぜたら出来上がり。カロリーオフでビタミンも摂取できる、健康ダイエット飲み物です。