ダイエット

上手に飲んで ダイエットをストレスなく続けよう!

ダイエット中の飲み会はリバウンドの原因になります

「ダイエット中の朝食やおやつ代わりにフルーツやスムージーを取り入れる人がいますが、ダイエット中はむしろNG。私のダイエット指導では、フルーツはできるだけ摂らないように伝えています。

▶︎冷奴ダイエット中の定番のお豆腐を使ったメニューです。抗酸化作用を期待できるイソフラボンが含まれているかつ、低カロリーなので、女性には嬉しいメニューです。

ダイエット中のお酒の飲み方と飲み会の付き合い方を現役トレーナーが解説!

ダイエット中の飲み会はリバウンドの原因になります。お酒もおつまみもカロリーが高く、飲み過ぎたり食べ過ぎたりするからです。けれども、職場や取引先など断れない飲み会もあります。どのようにリバウンドを回避すればいいのでしょうか。

余分なカロリーは食後24~48時間で脂肪に変わるといわれています。それまで出せるだけ出してしまい、ダイエットへの影響を最小限にしましょう。

ちょっと歩き方を変えるだけ!ダイエット効果UPのコ…

この2種類のうち、太りにくいのは乙種の「焼酎」の方です。チューハイのように糖度のある飲み物と混ぜることなく水割りやお湯割りで飲むため、糖質が含まれず、ダイエットには最適だといわれています。

お酒が好きな人にとっては、飲めないのは筋トレや食事制限よりつらいもの。上手に飲んで、ダイエットをストレスなく続けよう!

自分にあったダイエット成分は何なのか、タイプ別におすすめ成分をご紹介します。

最後にダイエットと飲み会を両立させる超実践テクニックを伝授します。この記事を参考にぜひお酒もダイエットも楽しんでください。

▼豆腐低カロリー高タンパクで、ダイエットの代名詞ともいえる食材である「豆腐」は、飲み会のおつまみにも最適です。夏は「冷や奴」で、冬は「湯豆腐」で楽しみましょう。

1.ダイエット中もお酒は飲んでいいってホント?

ダイエット中のお酒はアリかナシか問題。実は「週7で飲んでも大丈夫」な飲み方があるんです! エンプティカロリーであるお酒の影響を最小限にするためには、ただお酒の糖質を抑えるだけでは不十分。飲んだ時の身体の働きを知っておくことが大切なのだとか。これでもう、ダイエット中の飲み会も怖くない!

ナッツ系は脂肪が多いので、ダイエット中は控えたいと思う人もいるかもしれませんが、そうでもありません。

こういったテーマでお伝えするとき、飲み会では何を食べたらいいの?という疑問をもつ方も多いと思います。しかし、こういったことを知っていても、お店によっては、それができないこともあります。また、「これは食べれるけど、これは太るから食べれない」なんていうことも、メンバーによってはできないケースも多いでしょう。それだと再現性がなくなってしまうので、ここではそういった再現性の低いものはポイントから外しました。じゃあどうしたらいいのかというと、飲み会以外のその日の食事で調節することが大切です。夜に飲み会を予定しているのであれば、朝や昼は何時にどこで、どういった食事をとるのか。こういったことで調節していくことがとても大切です。飲み会がある日もない日も、調節することなく、いつも通りの食事をとっていれば、当然飲み会で食べ過ぎたぶん、プラスされるわけですから、体重増加につながってしまいます。飲み会続きでも体重をキープする人は、必ずそれ以外の食事で調節することをしています。飲み会で『ダイエット中だから、あまり食べれない』といったことを言う人よりも、飲み会以外の食事で、自己管理で調節している方が、よっぽどスマートですし、体型もスマートになりますよね。その日、そのとき、何を食べたいかと言う短期的視点ではなく、一日視点で、何をどのように食べていくのかということを意識していきましょう。具体的にどういったことを意識すればいいのかについては、下の動画でいくつかポイントを解説しているので、ご参考ください。