ダイエット

ダイエット中には無糖のタイプを選ぶようにしましょう

ダイエット中には無糖のタイプを選ぶようにしましょう

人工甘味料は砂糖と比べてカロリーも低いため、ダイエット中にも「ちょっとなら…」とついつい飲んでしまいがちです。確かに、カロリーも低く、甘さも感じられますがこの甘味料の甘みによる中毒性や依存性によって、我慢していた甘いものを無性に欲してしまうので、要注意です。

こちらの煎茶には難消化性デキストリンと呼ばれる食物繊維が、1本につき5g含まれています。ゼロカロリーのうえ食物繊維も摂取できるので、ダイエット効果が期待できます。糖の吸収を穏やかにする働きがあるので、糖質が多い食事と一緒に飲むのもおすすめです。

近年はスーパーやコンビニエンスストアで、手軽にダイエットに役立つ特保(特定保健用食品)の飲み物が購入できます。こうした特保飲料の中には体脂肪を減らす働きを持つものや、糖の吸収を穏やかにさせる働きを持つものがあり、ダイエットを後押ししてくれます。可能であれば冷たいものより、温かい特保飲料を選ぶとよりダイエットに効果的です。

中国茶の中でもプーアール茶はダイエット効果があることで知られますが、その理由はカテキンと没食子酸(もっしょくしさん)と呼ばれる成分が含まれていることです。この2つの成分が脂肪を燃焼させる他、脂肪の蓄積を阻害してくれます。

疲労回復や覚醒作用を求めてエナジードリンクを飲む人もいそうですが、ダイエット中には避けた方がよい飲み物です。エナジードリンクはカフェインが多く含まれるのが特徴ですが、一方で砂糖も多く使われており、気づかないところで多くのカロリーを摂取することにつながります。

乳酸菌が豊富なヨーグルト飲料は腸内環境を整えることでダイエットに効果がありそうですが、避けた方がよい飲み物に分類されます。これは、市販されているヨーグルト飲料の大半に砂糖が使われているためで、予想より高カロリーのことが多いです。ヨーグルト飲料を飲みたい場合は、無糖のヨーグルトを使って手作りするなどの工夫をするのがおすすめです。

朝はコップ一杯の水を飲むと、寝ている間に溜まった老廃物の排出が促進され、代謝が高まります。また、寝ている間に人は汗をかくため、コップ一杯の水を飲むことで失われた水分も補給できます。体の水分が不足すると血流が滞って代謝が下がってしまうので、起きた後は適度な水分補給を心がけましょう。また、起きぬけに水分を摂っておくと、食事を食べ過ぎずに済むメリットもあります。なお、水よりも白湯の方がよりダイエット効果が高いので、取り入れてみてください。

1本100gで36kcalと低カロリーなドリンクタイプのヨーグルト。内臓脂肪を減らす機能があることが報告されたガセリ菌SP株が使われていて、脂肪ゼロ・砂糖不使用と、とことんダイエット志向のドリンクになっている。

トマトの赤い色の成分であるカロテノイドと呼ばれる色素には、リコピンが豊富に含まれています。リコピンには抗酸化作用があり、アンチエイジングだけでなく、脂肪吸収の抑制や基礎代謝の向上に役立ちます。また、トマトジュースは食物繊維を含んでいるので、便秘解消効果も期待できるでしょう。なお、トマトジュースの中には砂糖が使われているものがあるので、ダイエット中は無糖のものを選びましょう。また、塩分が加えられているものはむくみの原因になるので、なるべく塩分無添加のものを選ぶのがおすすめです。

また、ストレスが原因で食欲を増幅させるホルモンが分泌されてしまうこともあるため、ダイエット中はできるだけストレスをためないことが大事。

ダイエット中に、調整豆乳や加糖の飲むヨーグルトを取っていた方もいたのではないでしょうか。ダイエットをより効果的なものにするためには、調整豆乳ならば無調整のもの、加糖の飲むヨーグルとならば無糖のものを選ぶように意識しましょう。

栄養バランスをとりながらダイエット効果を引き出す飲み物を探しているなら、グリーンスムージーがおすすめです。この商品には11種類の野菜が含まれており、1日分のビタミンをこの1本で摂取できるので便利です。

一つ目に血糖値が上がりやすくなること、二つ目に人工甘味料の甘味による中毒性によって、甘いものを欲するようになってしまうということです。
ダイエット中は甘いものが欲しくなるので、人工甘味料入りの飲み物でストレス発散できるのはいいことですが、依存しすぎてしまわないように注意しましょう。

甘い飲み物はカロリーが高いならば、人工甘味料が入った飲み物ならカロリーも低く甘さも感じられるしいいことばかりに感じるかもしれません。しかしダイエットの味方でもある人工甘味料入りの飲み物、逆に太ることになるという研究結果も出ています。

飲むヨーグルトにも注意が必要です。飲むヨーグルトにも加糖のタイプのものと無糖のタイプのものがあります。ダイエット中には無糖のタイプを選ぶようにしましょう。