ダイエット

それでは ダイエット中におすすめの飲み物をご紹介します

それでは ダイエット中におすすめの飲み物をご紹介します

気温の高い季節はつい冷たい飲み物をたくさん飲んでしまいがちですが、ダイエット中は常温以上の状態で飲むようにするのがおすすめです。冷たいものを摂り過ぎると、内臓が冷えて代謝が低下し、痩せにくい状態になってしまうので注意しましょう。

・ダイエット中に積極的に飲みたいのは水、緑茶、特保のお茶、ウーロン茶、ルイボスティー、コーヒー。・市販のカロリーゼロ飲料には人工甘味料が使われているので避けるべし。・水分はこまめに摂る。喉が渇いてからでは遅い。・プロテインやクレンズジュース、トマトスープで朝食を置き換えればダイエット効果が期待できる。・甘さが欲しいときは「ラカントS」などのカロリーゼロの甘味料を活用。・身体にいいからと飲みがちな豆乳、甘酒、飲むヨーグルトは砂糖が入っているものは避けるべし。

イソフラボンが豊富な大豆が原料の無調整豆乳は、飲むと満腹感が得やすく、甘みも感じられるのでダイエット中におすすめの飲み物です。ダイエット中は栄養バランスの偏りやストレスなどが原因で肌荒れを起こしがちですが、無調整豆乳を飲むことで美容成分も摂取できます。ただし、ゼロカロリーではないので、飲み過ぎないよう注意する必要があります。

疲労回復や覚醒作用を求めてエナジードリンクを飲む人もいそうですが、ダイエット中には避けた方がよい飲み物です。エナジードリンクはカフェインが多く含まれるのが特徴ですが、一方で砂糖も多く使われており、気づかないところで多くのカロリーを摂取することにつながります。

またコンビニで売られているスムージーも売っているコンビニよってもざまざまです。スムージーは原材料の栄養素のみを使って作っている為に、栄養素が全く抜かれる事もなく、また添加物や化学調味料などが全く入っていないものが殆どなのでお勧めです。もちろんコンビニによってどういうものが売っているのか自分の目で探しながらお気に入りのスムージーを飲んでダイエットの効果が出る事を期待しながら飲むといいでしょう。

清涼飲料水とは砂糖が加わっている甘いジュースをさし、コーラやサイダーなどの炭酸飲料もこれに分類されます。清涼飲料水は総じて10~15個の角砂糖と同量の甘味料が使われていると言われており、ダイエットの妨げになるので、水分補給する際には清涼飲料水は避けましょう。

調整豆乳とは、飲みやすいように砂糖などが加えられた豆乳を意味します。近年は様々なフレーバーの調整豆乳が増えていますが、無調整豆乳と比較するとカロリーが高いので、ダイエット中にはあまりおすすめできません。無調整豆乳の中にも、調整豆乳に近い飲みやすい味わいになるよう工夫された商品があるので、色々な商品を試してみると良いでしょう。

それでは、ダイエット中におすすめの飲み物をご紹介します。

痩せる飲み物として、コンビニで手軽に買えるものや通販で取り寄せるダイエットドリンク、更に自分で手作りして飲まれる方も多いと思います。痩せるドリンクと言っても様々な種類があるのでどれにしたら良いか悩む方も多いのではないでしょうか?

一気飲みはしなくても、500mlを飲むのは最初のうちは大変かもしれません。飲む量が少ないと逆に食欲を促進してしまう可能性もあるので、ある程度の量を飲めるとダイエット効果が得られやすいのも事実。無理のない程度の量から始めてみましょう。

実際に飲み物ダイエットを実践した方のクチコミをチェック! 「食前に飲むことで痩せた!」というエピソードが続々。ぜひ参考にしてみて!

【ダイエットプーアル茶】カテキンが重合カテキンに変身して嫌な臭いもなし!どんな料理にもあう飲みやすさ厳しい検査をくぐり抜けているから安心安全!

健康な飲み物ランキング!便秘解消などダイエットに効果的なドリンクは?

タピオカドリンクは飲み物の一種ではあるものの、カロリーや糖質量が非常に高いのでダイエット中はなるべく避けた方が良いでしょう。ダイエット中でもどうしてもタピオカドリンクが飲みたい場合は、小さいサイズを選び、タピオカと合わせるドリンクを甘みの少ない低カロリーのものにするなどの工夫が必要です。

プーアル茶のイメージは、匂いがきつく飲み辛いという声が多いです。ですが、ダイエットプーアル茶はそんな匂いの問題を解決してくれます。マイルドですっきりした飲み口で毎日飲んでも飽きません。茶葉の本来の旨みが出て、食事のお供に最適です。