ダイエット

ダイエット 飲み物 夜

ダイエット 飲み物 夜

催眠作用のある温かいカモミールティーは、体内のグリシン(高ぶった神経を落ち着かせ、マイルドな鎮静剤として働く神経伝達物質)の量を増やしてくれる。また、カモミールティーで体幹温度が上昇すると、体の冷却機能が働いて眠りに落ちやすくなる。マーフィーの話では、カモミールが血糖値のコントロールやダイエットを促進することを示す研究結果も存在するそう。ただし、寝る前に飲むティーは絶対にノンカフェイン。デトックスティーは避けること。

飲み物を工夫するだけでダイエットに繋がったら最高だと思いませんか?辛い食事制限や運動を中心にすると、途中で挫折してしまうことが多いんですよね……。飲み物を工夫す…

イソフラボンが豊富な大豆が原料の無調整豆乳は、飲むと満腹感が得やすく、甘みも感じられるのでダイエット中におすすめの飲み物です。ダイエット中は栄養バランスの偏りやストレスなどが原因で肌荒れを起こしがちですが、無調整豆乳を飲むことで美容成分も摂取できます。ただし、ゼロカロリーではないので、飲み過ぎないよう注意する必要があります。

近年はスーパーやコンビニエンスストアで、手軽にダイエットに役立つ特保(特定保健用食品)の飲み物が購入できます。こうした特保飲料の中には体脂肪を減らす働きを持つものや、糖の吸収を穏やかにさせる働きを持つものがあり、ダイエットを後押ししてくれます。可能であれば冷たいものより、温かい特保飲料を選ぶとよりダイエットに効果的です。

近年はゼロカロリー飲料の種類が増えていますが、これもダイエット中に避けた方がよい飲み物です。ゼロカロリー飲料に使われている人工甘味料の中には、発がん性を否定できないなど健康に悪影響が及ぶリスクがあるものもあるので、避けた方が無難でしょう。さらにゼロカロリー飲料は、甘みを感じているにもかかわらず血糖値が上がらないため脳が混乱し、逆に太りやすくなるリスクも指摘されています。

ただし、マジックドリンクの材料であるハチミツは高カロリーなので、入れすぎるとダイエットに逆効果になることもあります。たくさん飲みたい場合はハチミツの量を減らし、甘みが物足りないときは人工甘味料を加えると良いでしょう。

栄養バランスをとりながらダイエット効果を引き出す飲み物を探しているなら、グリーンスムージーがおすすめです。この商品には11種類の野菜が含まれており、1日分のビタミンをこの1本で摂取できるので便利です。

寝る前におすすめ過ぎる飲み物・カモミールティー。不眠や美容・ダイエットに効果的な飲み物で、鼻詰まりの解消や皮膚を保護する効果、風邪や月経痛にも効く寝る前におすすめ過ぎる飲み物です!体も温めてくれるので、寝る前に最適な飲み物!

牛乳はゼロカロリーではありませんが、近年の研究では飲むと痩せる効果が期待できることがわかっています。これは牛乳に含まれているカルシウムが、脂肪の合成を抑制するだけでなく、脂肪分解を促す働きを持つことが理由です。また、ダイエット中は夜に空腹感で眠れなくなる方がいるかもしれませんが、牛乳を飲むと空腹感を抑えられます。さらに寝る前にホットミルクにして飲むと安眠効果も得られるので、空腹感のストレスから解放され、質の良い睡眠を取りやすくなるでしょう。

いかがでしたでしょうか?
誤解の多い飲み物は、健康の為や味が好きで飲まれる方は問題ありませんが、ダイエットに良さそうだから飲んでますという方はダイエットだけを考えるとオススメする飲み物ではありませんのでご注意を!

ラッシーという飲み物を聞いたことはありますか?飲むヨーグルトのようなもので、腸内環境を整えることができるのでダイエット効果や美肌効果が期待できるといわれています。牛乳 180cc / 無糖ヨーグルト 220g / レモン汁 大さじ2 / はちみつ 大さじ3を混ぜるだけで完成。冷凍のマンゴーやバナナ、パイナップルを混ぜても美味しいですよ♪とても飲みやすいので、朝食を置き換えたり、甘いものが飲みたくなったときに飲んでみてください。ただし、飲みすぎるとお腹が緩くなることもあるので、1日1~2杯ほどにしておくといいでしょう。

ダイエット中は適度な水分が大切であることは前述しましたが、飲み物は一度に大量に飲むのではなく、数回に分けて飲むのが鉄則です。そうすることで体の必要な箇所に、適量の水分が行きわたります。一度に大量に飲んでも尿の量が増えるだけなので、尿が水のような薄い色になった場合は、一度に飲む量が多すぎると言えるでしょう。なお、水分補給のポイントは喉が渇いてから飲むのではなく、喉の渇きを感じなくてもこまめに飲むことです。

ダイエット食品は高価格なイメージが強いですが、こちらは1食128円で無理なく続けやすいお値段なのも魅力です。ラーメンは野菜などを加えて自分好みにアレンジできますよ。

疲労回復や覚醒作用を求めてエナジードリンクを飲む人もいそうですが、ダイエット中には避けた方がよい飲み物です。エナジードリンクはカフェインが多く含まれるのが特徴ですが、一方で砂糖も多く使われており、気づかないところで多くのカロリーを摂取することにつながります。

一食分のビタミン12種類に、ミネラルを6種類配合。4種類の食物繊維は水分をたっぷり含んでお腹で膨らみます。置き換えダイエットをしても、間食してしまう可能性は低くなりそうです。202種類の植物発酵エキスが痩せやすい体へと整えてくれます。