ダイエット

朝ランニングは「ダイエット効果」を大きく得られます

朝ランニングは「ダイエット効果」を大きく得られます

ランニングで消費カロリーを増やしつつ、適切な食習慣を心がけることで効率的なダイエットにつながります。また、食事制限に苦労している場合は、メディカルダイエットを受けることも検討してみましょう。メディカルダイエットとは、医師の管理のもと、内服薬や注射、医療機器などを用いて、無理せず行える治療方法です。

ダイエット中は、ストレスや水分不足などの影響でむくみやすいため、マッサージや入浴などのむくみ対策が欠かせません。ランニングには、血液やリンパの流れを促す効果が期待できるため、ダイエットに取り入れることでむくみにくくなるでしょう。

ランニングでダイエットをする目的を、単に体重を落とすためと考えるのではなく、体の組成を良くするためという意識をもてば、焦りもなくなります。体重計に乗って一喜一憂するのは、逆に続けるモチベーションを低下させる原因にもなってしまいます。

スマートウォッチも防水に対応したスポーツモデルが多く、ランニング中の突然の雨でも問題なく使用できます。約3,000円程度から販売されているので、ランニングダイエットを始めるなら気軽にチェックしてみましょう!

お金をかけることなく、誰でも気軽にはじめられる “ランニング” 。「健康になりたい」「ダイエットしたい」といったニーズにはピッタリですね。

ランニングダイエットのイロハをお伝えした後は、絶対に押さえておきたいランニングの注意点を解説します。ランニングを始めて思わぬ問題が発生したということが無いように、必ずチェックしておきましょう。

筋肉量が減っていくと体重も確かに落ちますが、その分基礎代謝も一緒に落ちてしまいます。太りにくい身体づくりをするためには、筋肉量を維持することが大切ですので、1日おきにランニングするほうがダイエットのためにはベストと言えます。

みなさんは、どのような目的でこのページにたどり着かれたのでしょうか? 「これからランニングを始めようと思っているけど、そもそもどんな『効果』があるのか知りたい!」「すでにランニングをしていて、もっと効果的に『ダイエット』したい!」など、目的は様々だと思います。

もちろん毎日ランニングを取り入れる方がダイエットの効果を考えると望ましいのですが、長期的に継続できるかどうかの方が大切です。

「ランニングって毎日行った方が良いのでは?」と思われがちですが、毎日行う必要はなく、むしろ1日置きの方がダイエット効果が高いとされます。その理由には筋肉の”超回復”が関係しています。超回復とは運動によって刺激された筋肉が48~72時間後にさらに大きくなって修復され、結果的に筋肉量が増える現象を指します。

ダイエットにランニングを取り入れるときは、次のような食事を意識することが大切です。

そんなダイエットに役立つランニングですが、間違ったやり方だとなかなか効果が感じられなかったり、大変なばかりで楽しめなかったりして、「続けられない」と悩む方も多くいらっしゃいます。

朝ランニングは「ダイエット効果」を大きく得られます。ランニングは糖質と脂肪を分解して行う運動であり、朝は特に糖分が少なく脂肪が優先的に燃焼されやすい時間帯とされています。朝にランニングを行うと、脂肪が効率よく燃焼できるためダイエット効果が高いということです。

歩行と違って脚に負荷がかかる「ランニング」。クッション性が低い普段用の靴で走ると、脚を痛めやすかったり走りにくかったりするため、ダイエット効果を半減させてしまうことも…。それを防ぐためにも、必ずランニングシューズを履くようにしましょう。

ダイエットに効果的なランニング方法について、行う時間帯や距離などを詳しくみていきましょう。